ワサビ

山葵 アブラナ目/アブラナ科/ワサビ属 花期/3月中旬~4月 旬/11月~2月

食用自生種改良種稀少保護

ワサビ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/30

ワサビ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/30

カラシ(辛子)・ワサビのあのワサビ。鼻をつんざく辛い香辛料は、渓流や湧水の澄んだ水べりを好む多年草。ふつうワサビとして食用にするのは地下茎をすりおろしたもので、一般家庭で使用されるチューブ入りワサビもこれである。なお”本わさび”の表記あるものが本種で、そうでないものは安価な”西洋わさび”を原料に用いている傾向が強い。セイヨウワサビ(西洋山葵)は欧州原産の外来種で、日本のワサビとは似て非なるもの。風味も異なる。

神奈川県内の清水にもワサビの分布あるも、過去に栽培されていた名残りである可能性が大きい。

ワサビ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/30

ワサビ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/30

ワサビは地下茎のみならず、葉も茎も食べられる。

ワサビ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/30

ワサビ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/30

湘南・鎌倉・三浦半島の林内でみられるワサビっぽい葉はユリワサビ(百合山葵)


横浜市戸塚区・俣野園

森戸川源流

相模原市南区当麻・無量光寺(笈退り(おいしゃり)が旧栽培地、ワサビ残存なし)、相模原市南区当麻・ガン沢(桜井運輸建物南側林内が旧栽培地、残存あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする