ハナミズキ

花水木 ミズキ目/ミズキ科/ミズキ属 花期/4月中旬 結実期/9月下旬~10月 紅葉見頃/10月中旬~下旬

外来種品種改良

花も名前も日本人好みな感じがあるハナミズキだが、北米原産の外来種。日本から米国に友好の証などとしてサクラ(桜)を寄贈すると、その返礼としてハナミズキが送られてくることがある。比較的新しい外来種のためか鎌倉の社寺境内にはあまりなく、公園木か街路樹として見ることが多い。やや高木のうえ、天に向かって花を咲かせるため観賞には難がある。

ハナミズキの花

実も葉も落ちた冬枯れの枝先にはちんちくりんな蕾がかわいい。

ハナミズキの蕾 鎌倉中央公園 2017/01/23

ハナミズキの蕾 鎌倉中央公園 2017/01/23

白い花弁に見えるのは苞(ほう)で、開花前は小包のごとく閉じられている。

ハナミズキの蕾 寒川町一之宮・県道47号街路樹 2013/04/17

ハナミズキの蕾 寒川町一之宮・県道47号街路樹 2013/04/17

ハナミズキ 寒川町・八角広場 2013/04/17

ハナミズキ 寒川町・八角広場 2013/04/17

日本在来のハナミズキはヤマボウシ(山法師)といい、花期がやや遅い。

ハナミズキの実

やや細長く先の尖った赤い実を付ける。売れ残ることの多い秋の赤い実であるが、ハナミズキの実は早いうちに食べられてなくなってしまう。

ハナミズキ 横浜市戸塚区・筈井庄谷公園 2016/10/07

ハナミズキ 横浜市戸塚区・筈井庄谷公園 2016/10/07

ハナミズキの実 横浜市戸塚区・筈井庄谷公園 2016/10/07

ハナミズキの実 横浜市戸塚区・筈井庄谷公園 2016/10/07

ハナミズキの実 横浜市戸塚区・筈井庄谷公園 2016/10/07

ハナミズキの実 横浜市戸塚区・筈井庄谷公園 2016/10/07

ハナミズキの実 大庭城址公園 2012/10/22

ハナミズキの実 大庭城址公園 2012/10/22

ハナミズキの紅葉

独特の葉脈が美しい。赤く色づいた実と一緒に。


横浜市金沢区・金沢自然公園(北谷口入って通路沿い左右にベニバナハナミズキ)

収玄寺(山門入ってすぐ右側)、大庭城址公園(花の広場)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする