ハマカキラン

浜柿蘭 ラン目/ラン科/カキラン属 花期/6月上旬~中旬

自生種稀少保護

環境省レッドリスト2018「絶滅危惧II類(VU)」
神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧II類」

エゾスズラン=神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧IA類」

ハマカキラン 茅ヶ崎市 2018/06/04

ハマカキラン 茅ヶ崎市 2018/06/04

沿岸地域のクロマツ(黒松)林床に生える多年草。クロマツと共生関係にあるらしい。名はカキランの海岸型の意だが、正しくは同属で丹沢などの山地に自生するエゾスズラン(蝦夷鈴蘭)の海岸型。カキランのようなカキ色(オレンジ色)にはならない。背丈は人の脛(すね)から膝(ひざ)下くらい。葉が丸っこいマルバカキラン(丸葉柿蘭)というのもあるらしい。

ハマカキランの花

ハマカキラン 茅ヶ崎市 2018/06/04

ハマカキラン 茅ヶ崎市 2018/06/04

ハマカキラン 藤沢市 2018/06/04

ハマカキラン 藤沢市 2018/06/04

ハマカキランの実

ハマカキランの若い実 茅ヶ崎市 2018/06/04

ハマカキランの若い実(絡まっている蔓は別種) 茅ヶ崎市 2018/06/04

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする