ポインセチア

Poinsettia キントラノオ目/トウダイグサ科/トウダイグサ属 花期/12月~2月

有毒外来種改良種

ポインセチア 藤沢市・長久保公園 2018/01/20

#ポインセチア 藤沢市・長久保公園 2018/01/20

中米原産の常緑低木。英語読みはポインセティア(アクセントはセに)。ひときわ目を引く赤い部分は苞(ほう、花に付随する葉)、通常の緑色の葉と合わせてクリスマスカラーになるため、十二月が近づくと鉢植え(小さいプランター植えを金銀のフィルムで覆って目隠ししているものが多い)が大量に店頭に並ぶようになる。大きさや仕立てによって価格はまちまちながら、およそ千五百円くらいはするので結構いいお値段である。クリスマス向け商品でありながら、暑くて乾燥した地域を原産とするため日本の冬の寒さは大の苦手で、屋外での放置は厳禁。必ず日当たりの良い暖房の利いた屋内で、土は乾燥気味にして栽培しなければいけない。ちょっとの塩梅(あんばい)のミスですぐ枯れてきて葉を落とすので、なかなかデリケートな植物である。翌年また赤くきれいに仕上げるには「短日処理(たんじつしょり)」をしっかりしてやらないといけないため敬遠され、結局はワンシーズン観賞したら廃棄してまた来年のクリスマス前に買い直すことになるか。だったらガーデンシクラメンをいくつか買って並べた方が楽でお得か、と考える人は多いかも。和名はショウジョウボク(猩々木)。猩々(猩猩)というのは酒に酔って顔を赤らめた空想上の生き物(妖怪)で、能や民俗芸能に登場する。

ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

#ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

#ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

#ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

トウダイグサ(燈台草)の仲間なので、葉などを傷つけるとべたべたする白色の乳液を出す。これに触れると体質などによってはかぶれることも。舐めたら死ぬとかそういうレベルではないと思うが有毒ではあるので、汁気が付いた手で目を擦ったりしないよう。購入時に葉に白い汚れが付いているものは雑に扱われ葉が傷ついている証拠なので避けること。

ポインセチアの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

#ポインセチアの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

ポインセチアの花

赤い苞の中心部にごちゃごちゃしてある部分が花。イソギンチャクのようににょろにょろ出ているのが雄蕊。雄蕊が花粉を放出し終わったあたりで突如出現するのが雌蕊の花柱付き子房。品種にもよるだろうが、雌蕊は出て来ないものも多い(雄花しかなかったということ)。脇に付いている黄色っぽい怪しい唇(くちびる)形は蜜腺で、甘い蜜を出すことで花粉を運んでくれる昆虫を引き寄せんと企んでいるもの。花弁はない。

ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

#ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

#ポインセチア 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/01/10

ポインセチアの咲き終わって黒ずんできた花 藤沢市・長久保公園 2018/01/20

#ポインセチアの咲き終わって黒ずんできた花 藤沢市・長久保公園 2018/01/20


横浜市南区・#こども植物園(展示室)、横浜市金沢区・#金沢自然公園(ののはな館)

#大船フラワーセンター(グリーンハウス)、#長久保公園(みどりの相談所)