クサイチゴ

草苺 バラ目/バラ科/キイチゴ属 花期/3月下旬~4月中旬 結実期/5月中旬~6月上旬

危険食用自生種

クサイチゴ 平塚市・高麗山公園 2018/03/31

クサイチゴ 平塚市・高麗山公園 2018/03/31

キイチゴ(木苺)の一種。名前に反して、草本(そうほん)ではなく木本(もくほん)。ごちゃごちゃした草藪にまみれて生えるため、花や実が付いていないと存在自体に気づかないかも。荒地に多い。神奈川県内どこにでも分布する普通種。とされているが、茎に棘(とげ)があるためかよく刈払いされ、そんな頻繁に目にするものではなくなってきている。クサボケ(草木瓜)ほど稀少ではないものの、似たような運命を辿っている。

葉は奇数羽状複葉(若い葉は三出複葉)で、深い切れ込みなし。先端は細く尖る。細く尖っていない葉はナワシロイチゴ(苗代苺)の可能性。

クサイチゴの葉 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

クサイチゴの葉 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

夏、草藪に紛れて、クズ(葛)などに対抗するかのように大きな五枚葉あり。茎や葉柄(ようへい)に棘あればクサイチゴの葉だろう。春のクサイチゴからは想像も付かない大きな葉。

クサイチゴの夏の葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/08/04

クサイチゴの夏の葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/08/04

クサイチゴの夏の葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/07/10

クサイチゴの夏の葉 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/07/10

同時期に花開くキイチゴは、他にモミジイチゴ(紅葉苺)カジイチゴ(梶苺)がある。

クサイチゴの花

花は上向きに咲く。花弁は小さめで、ふつう花弁と花弁の間に隙間が生じる。雄蕊は豊かに広がる。

クサイチゴ 横浜市緑区・新治市民の森 2018/03/15

クサイチゴ 横浜市緑区・新治市民の森 2018/03/15

クサイチゴ 小田原市入生田・長興山紹太寺からシダレザクラへの道沿い 2016/03/31

クサイチゴ 小田原市入生田・長興山紹太寺からシダレザクラへの道沿い 2016/03/31

クサイチゴ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

クサイチゴ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

クサイチゴ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

クサイチゴ 藤沢市・遠藤笹窪谷 2018/04/10

クサイチゴ 大磯町・高麗山公園 2018/03/31

クサイチゴ 大磯町・高麗山公園 2018/03/31

クサイチゴ(花弁が尖り気味なのは個体差か雑種か) 平塚市・湘南平 2018/03/31

クサイチゴ(花弁が尖り気味なのは個体差か雑種か) 平塚市・湘南平 2018/03/31

クサイチゴの実

イチゴの名にふさわしく実は赤く熟す。キイチゴの一種なので、この実はおいしく食べられる。はじめやや酸味が気になるが、すぐに慣れて甘みばかりが立つように。リンゴ(林檎)味。タネもぷちぷちした食感が楽しめ文句なし。おいしい。クサイチゴや、似たような環境に生育するノイバラ(野茨)には棘があるので注意したい。

クサイチゴの実 秦野市北矢名・弘法山 2017/05/27

クサイチゴの実 秦野市北矢名・弘法山 2017/05/27

クサイチゴの実 秦野市北矢名・弘法山 2017/05/27

クサイチゴの実 秦野市北矢名・弘法山 2017/05/27

同時期、イチゴ系の赤い実ができるのはヘビイチゴ(蛇苺)ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)、クサイチゴの三種類。クサイチゴは見た目からして全く違うので混同することはないだろう。

クサイチゴ(向かって左)とヤブヘビイチゴ(右)の実 秦野市北矢名・弘法山 2017/05/27

クサイチゴ(向かって左)とヤブヘビイチゴ(右)の実 秦野市北矢名・弘法山 2017/05/27

クサイチゴの実 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/28

クサイチゴの実 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/28

クサイチゴの実 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/28

クサイチゴの実 茅ヶ崎市萩園・相模川沿い 2018/04/28


横須賀市・鷹取山、藤沢市・遠藤笹窪谷(多い)、湘南平(南側園路)、大磯町・高麗山公園(山頂コースから地獄沢へ下りる分岐周辺などに群生、刈払いで滅失)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする