コミカンソウ

小蜜柑草 キントラノオ目/コミカンソウ科/コミカンソウ属 花期/8月 結実期/9月~10月

自生種

コミカンソウ、地面を這う赤斑入りの葉はコニシキソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

コミカンソウ、地面を這う赤斑入りの葉はコニシキソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

道端や農地周辺などに生える一年草で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。小型なので他の雑草が繁茂していない、かつ、人があまり踏み固めていない場所を好む。ちゃっかり花壇に居候していることも。見かけるのは夏。名は、すこし潰れた球形の実がミカンに見立てられたもの。全体的な姿はクサネム(草合歓)カワラケツメイ(河原決明)に似るが、コミカンソウは小さい。またよく見れば葉が対生でなく互生していることでも明確に異なっている。コミカンソウは雑草として身近な場所に生えてくるが、だいたいは夏場の草むしりでひょいと引っこ抜かれて終わりだろう。どこにでも大量にあるというわけでなし。

コミカンソウの群生 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎 2018/09/24

コミカンソウの群生 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎 2018/09/24

茎はコニシキソウ(小錦草)のように地べたにべったり張り付かず、しっかり立ち上がる。葉は枝にのみ付く。主たる茎にも葉が付いていたらヒメミカンソウ(姫蜜柑草)の疑い。

若いコミカンソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

若いコミカンソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

コミカンソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎 2018/09/24

コミカンソウ 茅ヶ崎市・神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎 2018/09/24

コミカンソウの花

枝の下側で、葉に隠れるようにして咲く。が、小さすぎて咲いているのだか何なんだかは肉眼ではよく見えない。枝の基部側に咲くいくつかが雌花で先に咲く。枝の先端側には(肉眼では小さすぎて確認できない)黄色い葯(やく)のある雄花が付く。若くて小さい株であっても花や実を付けるたくましさあり。

コミカンソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

コミカンソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

コミカンソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

コミカンソウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

新手の帰化雑草であるナガエコミカンソウ(長柄小蜜柑草)は、葉がもっと幅広で、花柄がたいへん長いのが特徴。花や実は葉に隠れることなく枝の上側に付く。

コミカンソウの実

枝の下側で、葉に隠れるようにして実ができる。枝と実の間には、ほぼないといってしまってよいくらいの短い柄(え)がある。実の表面にはぶつぶつした突起がある。赤みを帯びる。柄がしっかりあり、実の表面がつるっとしていたら、ヒメミカンソウないしキダチコミカンソウ(立小蜜柑草)か。

コミカンソウの未熟な実 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

コミカンソウの未熟な実 茅ヶ崎市西久保 2018/08/23

コミカンソウの実 茅ヶ崎市西久保 2018/09/18

コミカンソウの実 茅ヶ崎市西久保 2018/09/18

コミカンソウの実 茅ヶ崎市西久保 2018/09/18

コミカンソウの実 茅ヶ崎市西久保 2018/09/18

コミカンソウの実 茅ヶ崎市西久保 2018/09/18

コミカンソウの実 茅ヶ崎市西久保 2018/09/18

コミカンソウの実 茅ヶ崎市行谷 2018/10/20

コミカンソウの実 茅ヶ崎市行谷 2018/10/20

コミカンソウの実 茅ヶ崎市行谷 2018/10/20

コミカンソウの実 茅ヶ崎市行谷 2018/10/20


神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎

茅ヶ崎市芹沢・下馬落観音堂(西方の農地)

フォローする