ナガエコミカンソウ

長柄小蜜柑草 キントラノオ目/コミカンソウ科/コミカンソウ属 花期/7月中旬~8月 結実期/8月下旬~9月

外来種駆除

ナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

ナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

モーリシャスなどのマスカリン諸島が原産という一年草。世界各国に帰化しているらしく、貿易相手国である北米や台湾などを経由して日本へも入って来たようである。道端などのひょんな場所に生えてくる一年草で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。全体的な姿は近似種のコミカンソウに似る。同様に、よく見れば葉は対生ではなく互生している。徐々に勢力を拡大させているらしい。草丈は人の足首から膝(ひざ)程度。湘南・鎌倉・三浦半島では市街地の道端などで時折目にできる普通種。

道端に生えたナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

道端に生えたナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

ナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

ナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

ナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

ナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

日陰で育ったものは特にコミカンソウ体形になる。

ナガエコミカンソウ 大磯城山公園 2018/09/18

ナガエコミカンソウ 大磯城山公園 2018/09/18

ナガエコミカンソウ 大磯城山公園 2018/09/18

ナガエコミカンソウ 大磯城山公園 2018/09/18

ナガエコミカンソウの花

コミカンソウとは異なり、花や実は枝の上部、葉より上側に付く。また名前の通り、花柄(かへい)がたいへん長いのが最大の特徴。雌花は枝全体に付く。黄色い葯(やく)がある(ものの小さすぎて肉眼では確認できない)雄花は柄(え)が短め。

ナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

ナガエコミカンソウ 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

なかなか冷え込まない年の秋(11月下旬~12月上旬)にも若々しい株が現れ、花を咲かせて実を付ける。夏に刈られたものが亡霊のように復活したのかもしれない(しつっこい外来帰化種にありがちな性質)。

ナガエコミカンソウの実

長い柄(え)の先端で実が膨らむ。表面には毛や細かい突起がなく、つるっとしている。

ナガエコミカンソウの若い実 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10

ナガエコミカンソウの若い実 茅ヶ崎市円蔵 2018/08/10


大磯城山公園(山野草花壇)

フォローする