オオニシキソウ

大錦草 キントラノオ目/トウダイグサ科/トウダイグサ属 花期/8月中旬~9月

有毒外来種

オオニシキソウ 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11

オオニシキソウ 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11

中南米などを原産とする一年草。お役所が大規模に造成した河川の土手など、ろくでもない植生になった草地などに帰化している。コニシキソウ(小錦草)のごとく地面にへばり付くように生えるのではなく、主たる茎をほぼ直線的に長く伸ばし、直立とまではいえないやや斜めになりながらもしっかり起立する。ちょっと変わった姿の草なので人目には付きやすいかもしれない。生えている場所柄、刈払いや草刈りされやすく、成長の度合いや花の咲く時期には差異が出そう。名はニシキソウに因んだもので、元小結の大錦とはもちろん無関係。

オオニシキソウ 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11

オオニシキソウ 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11

オオニシキソウ(まだ若めのもの) 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11

オオニシキソウ(まだ若めのもの) 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11

オオニシキソウの花

近くに寄れって見れば、辛うじて肉眼でかわいらしい白色の花弁が確認できる程度の小さい花。細部までは見えない。

オオニシキソウ 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11

オオニシキソウ 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11

オオニシキソウ 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11

オオニシキソウ 平塚市馬入・相模川土手 2018/08/11


平塚市馬入・相模川(日本特殊塗料東側土手に多い)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする