キクバドコロ

菊葉野老 ヤマノイモ目/ヤマノイモ科/ヤマノイモ属 花期/6月~7月

有毒自生種稀少保護

キクバドコロの葉 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

キクバドコロの葉 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

山地や丘陵地の林内や林縁部に生える蔓性の多年草で、雌雄異株(しゆういしゅ)。オニドコロ(鬼野老)の近縁種で、特に葉の形状はカエデドコロ(楓野老)に似てやや紛らわしい。神奈川県内では、丹沢や箱根に加え、三浦半島からその北部の横浜市あたりに分布がある模様。三浦丘陵では確かに細々とおしとやかに生えてはいるものを目にする機会はあるものの、花や実が付くほどよく成長した株には出遭えない。オニドコロやヤマノイモ(山の芋)のように強烈にもしゃもしゃと繁茂(はんも)してゆく逞(たくま)しさなし。栽培もされない。

葉は掌状(しょうじょう)に切れ込み、側裂片(そくれっぺん)がよく尖るのが特徴。カエデドコロの側裂片は丸っこい。花期は近似種よりも早めらしい。

キクバドコロの葉 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

キクバドコロの葉 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

キクバドコロの葉 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

キクバドコロの葉 横浜市金沢区・金沢市民の森 2018/04/21

ノブドウ(野葡萄)の葉が切れ込むタイプのキレハノブドウ(切葉野葡萄)エビヅル(蝦蔓)の葉が切れ込むタイプのキクバエビヅル(菊葉蝦蔓)などと混同しうるか。


横浜市金沢区・金沢市民の森

小田原市早川・太閤一夜城と長興山史跡巡りコース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする