イヌサフラン(コルチカム)

犬さふらん ユリ目/イヌサフラン科/イヌサフラン属 花期/9月下旬~10月上旬
学名/Colchicum autumnale L.

猛毒危険薬用外来種改良種

イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

#イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

ヨーロッパや北アフリカを原産とする多年草。土中に球根がある。名は、ひと月遅れで開花するアヤメ科の薬草サフランに姿かたちが似てはいるものの特に用途がないものとして、植物の世界で”人の役に立たない”ことを意味するイヌが冠される。実際のところは薬用になるが。改良された園芸種や近似の別種を含めてイヌサフラン属を意味するコルチカム(Colchicum)と呼ばれることも。

イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

#イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

#イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

名前が紛らわしいサフランモドキ(さふらん擬)(ヒガンバナ科)は別種で、花茎(かけい)がひょろひょろっと長い。

イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

#イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

球根は、真夏に、ホームセンターの園芸コーナーで市販されていることがある(1球300円程度)。夏に植え付ければ、秋に花が咲き、春から初夏にかけて葉が伸展し、夏に地上部が枯れてまた球根だけの状態に戻って休眠する、の繰り返し。

コルチカム(品種不明)の奇妙な形をした大きな球根 茅ヶ崎市浜之郷 2020/08/09

#コルチカム(品種不明)の奇妙な形をした大きな球根 茅ヶ崎市浜之郷 2020/08/09

イヌサフランの花

夏が終わって秋の始め、地面から直接ピンク色のかわいらしい花が咲く。じつはサフラン同様、球根を土に埋めることなく放ったらかしておいても花は咲く。球根をいくつかバスケットか何かに並べて入れておけば部屋を飾る置物にもなる。なお花期に葉はない。

イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

#イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

#イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

#イヌサフラン 大磯町・地福寺 2019/10/05

イヌサフラン 箱根町仙石原・長安寺 2017/09/25

#イヌサフラン 箱根町仙石原・長安寺 2017/09/25

イヌサフラン 箱根町仙石原・長安寺 2017/09/25

#イヌサフラン 箱根町仙石原・長安寺 2017/09/25

イヌサフラン 箱根町仙石原・長安寺 2017/09/25

#イヌサフラン 箱根町仙石原・長安寺 2017/09/25

イヌサフラン 厚木市・荻野運動公園 2016/10/02

#イヌサフラン 厚木市・荻野運動公園 2016/10/02

イヌサフランは毒性が強く、毎年一人二人は死に至らしめている大変危険な植物であることはお忘れなきよう。命を落とすリスクは、保険金殺人にも使われた有名なかのトリカブト(鳥兜)を上回っていると見てよい。いくら言っても誤食死する高齢者が絶えないため、高齢者がいる家庭では十月上旬前後にこの手の花を敷地内で見かけたら土を掘り返して球根ごと取り除き廃棄してしまうことをお薦めする。命を賭(と)してまで栽培する価値があるものなのか、再考されたい。

イヌサフランの新芽

食用になるギョウジャニンニク(行者大蒜)と間違えて食べてしまう事故が絶えない。イヌサフランは猛毒で下痢や嘔吐を引き起こし、ときに死に至ることもあるのでよくよく注意したい。特に高齢者。この手の自然毒を食べてしまうのはだいたいが(七十歳を超えた)年寄りである。有毒成分は、痛風の痛み(発作)を和らげる薬としても使われるコルヒチン(Colchicine)。

イヌサフランの新芽 箱根町仙石原・長安寺 2018/03/12

#イヌサフランの新芽 箱根町仙石原・長安寺 2018/03/12

イヌサフランの新芽 箱根町仙石原・長安寺 2018/03/12

#イヌサフランの新芽 箱根町仙石原・長安寺 2018/03/12

イヌサフランの新芽 箱根町仙石原・長安寺 2018/03/12

#イヌサフランの新芽 箱根町仙石原・長安寺 2018/03/12

しっかり成長して茂った葉はギョウジャニンニクそっくりどころかまるでギョウジャニンニクそのもののような姿に。猛毒イヌサフランと承知の上で眺めてみても、「なんだかおいしそう」とついつい脳が勝手に考えてしまう不思議な葉。

イヌサフランの葉 大磯町・地福寺 2020/03/26

#イヌサフランの葉(白花はハナニラ) 大磯町・地福寺 2020/03/26

イヌサフランの葉 大磯町・地福寺 2020/03/26

#イヌサフランの葉 大磯町・地福寺 2020/03/26

イヌサフランの葉 大磯町・地福寺 2020/03/26

#イヌサフランの葉 大磯町・地福寺 2020/03/26

食用になるギョウジャニンニクの若葉は千切るとニンニク臭(ニンニクたっぷり手作り餃子臭)がするが、イヌサフランにはニンニク臭なし。ただし、何だか食べることができそうな野菜臭がしないでもない。実際に食べてみるととっても苦いらしい(救急搬送された人の証言)。

イヌサフランが関係した重大な事故例


令和元年(2019)6月上旬、秋田県で女性(80代)が自宅敷地内に生えていたイヌサフランをウルイ(ギボウシの新芽)と誤って食べて死亡。(同年6月6日 毎日新聞)


平成31年(2019)4月中旬、群馬県で夫婦(70代)がイヌサフランを炒めて食べ、夫は呼吸困難となり意識不明の重体、のち死亡。妻は嘔吐や下痢の軽症。イヌサフランは、知人からギョウジャニンニクとして頂いたものだったが、県が調べたところ知人宅にはイヌサフランが混じって生えていた。(同年4月20日 朝日新聞、日本テレビ、4月22日 朝日新聞)


平成30年(2018)7月中旬、北海道で自宅の庭に生えていたイヌサフランの球根を食べた女性(80代)が死亡。(同年7月23日 十勝毎日新聞電子版)
イヌサフランの球根は外観がタマネギ(玉葱)に、切るとジャガイモ(馬鈴薯)に似ていることから誤食したとみられる。


平成30年(2018)4月下旬、北海道で自宅の庭に生えていたイヌサフランをギョウジャニンニクと誤って食べた老夫婦のうち夫(70代)が死亡。妻(60代)は食中毒の症状あるも命に別状なし。ジンギスカンの具材として使用したとのこと。庭には両方が植えてあったという。(同年4月25日 テレビ朝日)

毒草は故意に混入させることも可能である。警察の事情聴取で「間違えちゃったかしらぁ~‥?うそ~」などとすっとぼければ、殺人罪(刑法199条、死刑または無期もしくは5年以上の懲役)があら不思議、過失致死罪(刑法210条、50万円以下の罰金)で済む可能性が出てきてしまう。”庭で採れた野菜”や”頂いた山菜”などには、特に旦那は警戒されたし。


#くりはま花の国(ハーブ園)、#大巧寺(9月下旬)、大磯町・#地福寺

#横須賀しょうぶ園、大船フラワーセンター(平成31年(2019)4月 なし)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

サフランモドキ 茅ヶ崎市浜之郷 2019/06/13サフランモドキ

クロッカス 鎌倉市・大船フラワーセンター 2017/02/08クロッカス

ギョウジャニンニク 横浜市戸塚区・俣野園 2017/03/07ギョウジャニンニク