フヨウ

芙蓉 アオイ目/アオイ科/フヨウ属 花期/7月中旬~9月 結実期/10月中旬~2月

生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」

フヨウ 鎌倉市・大巧寺 2017/08/07

フヨウ 鎌倉市・大巧寺 2017/08/07

真夏を代表する落葉低木。中国原産か。観賞に堪えうる花期が非常に長く、毎日毎日新しい花を咲かせ続けるのが特徴。花は同時期に咲くムクゲ(木槿)によく似るが、樹形と葉の形状がまったく異なるため区別は容易。神奈川県内では寺境内などで栽培されているものをよく見る。

フヨウ 鎌倉市・大巧寺 2017/08/07

フヨウ 鎌倉市・大巧寺 2017/08/07

樹形はこんもり、アジサイ(紫陽花)のよう。

フヨウ 鎌倉市・海蔵寺 2017/09/05

フヨウ 鎌倉市・海蔵寺 2017/09/05

同系統の花ながら人の背丈より低い草であったらアメリカフヨウ(アメリカ芙蓉)の可能性。葉が掌状(しょうじょう)でない。

フヨウの花

花は一重で、(やや淡い)ピンク色か白色。蕾と花と花殻(はながら)で色の変化はなく同色である。一日花なので、観賞はよく晴れた日の昼頃までに。薄暗くなってくると花は萎(しぼ)んで終わる。

フヨウ 鎌倉市・海蔵寺 2017/09/05

フヨウ 鎌倉市・海蔵寺 2017/09/05

フヨウ 鎌倉市・海蔵寺 2017/09/05

フヨウ 鎌倉市・海蔵寺 2017/09/05

フヨウの雌蕊はくいっと曲がって真上を向く。

フヨウの蕊 茅ヶ崎市・小出川GardenBee 2018/09/24

フヨウの蕊 茅ヶ崎市・小出川GardenBee 2018/09/24

フヨウの蕊 茅ヶ崎市・小出川GardenBee 2018/09/24

フヨウの蕊 茅ヶ崎市・小出川GardenBee 2018/09/24

フヨウ 鎌倉市山ノ内 2017/08/27

フヨウ 鎌倉市山ノ内 2017/08/27

フヨウ(白花)の赤く染まらない花殻 鎌倉市山ノ内 2017/08/27

フヨウ(白花)の赤く染まらない花殻 鎌倉市山ノ内 2017/08/27

八重咲きで、朝は白色で赤く染まって萎んでゆく品種はスイフヨウ(酔芙蓉)という。

アオイ科の花はだいたいがハイビスカスっぽい。畑で咲いている小振りなものはワタ(綿)、巨大植物ならオクラ(秋葵)。木に黄色い花ならハマボウ(浜朴)。花だけ見ると紛らわしい。

フヨウの実

葉が残っているうちはフヨウの実として認識できるが、完全に葉が落ちた真冬に実の残骸だけが目立つ姿は「これはいったい何の実だろう」とちょっと気になる存在に。

フヨウの実 横浜市南区・こども植物園 2017/10/18

フヨウの実 横浜市南区・こども植物園 2017/10/18

フヨウの実 横浜市南区・こども植物園 2017/10/18

フヨウの実 横浜市南区・こども植物園 2017/10/18

フヨウの実 横浜市南区・こども植物園 2017/10/18

フヨウの実 横浜市南区・こども植物園 2017/10/18


瑞泉寺(白)、妙隆寺(花期後半にはサルスベリ(百日紅))、大巧寺、海蔵寺、長谷寺(妙智池畔、久米正雄像後ろ)、極楽寺(山門外)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする