オギ

荻 イネ目/イネ科/ススキ属 花期/9月~10月中旬 結実期(穂の見頃)/9月中旬~11月

自生種

オギの穂 藤沢市・引地川親水公園湿性植物園 2018/10/02

オギの穂 藤沢市・引地川親水公園湿性植物園 2018/10/02

河川敷や湿地に生える多年草で、よく群生する。荻野(おぎの)さん、荻原(おぎわら)さんのオギ。漢字表記はハギ(萩)と混同しないよう。荻と萩は書き間違える人がとても多い。ススキ(芒)に比べて知名度が格段に落ちるオギであるが、じつはその辺にふつうに生えている。つまり、ススキだと思われているそれはじつはオギである可能性が大いにあるということ。ススキとオギはきちんと見分けられるようにしておきたい。

ススキは乾燥した道端や公園に、オギはやや湿った場所を好むので河川敷や湿地あるいは田んぼに、アシ(葦)は完全に水気のある湿地や水中(海水にも耐える)に生える。やや乾き気味の場所に生えているオギはススキと、水辺に生えるオギはアシと混生することがあるため、見分けが少々厄介である。ススキ・オギ・アシのうち、一地点にこんもりと叢生(そうせい、株立ち)するのはススキのみで、オギとアシは間隔を空けてまんべんなく生える。

オギの群生(黄色はセイタカアワダチソウ) 平塚市・馬入水辺の楽校 2017/10/10

オギの群生(黄色はセイタカアワダチソウ) 平塚市・馬入水辺の楽校 2017/10/10

葉はススキと同様に、中心に一本の白色の脈がくっきり通る。アシの葉には葉脈は見られない。

オギの花

ススキと同様に、雄蕊と雌蕊をちょろっと出しているだけの姿がオギの花が咲いている状態という扱いになる。

オギの花 寒川町田端 2018/10/15

オギの花 寒川町田端 2018/10/15

オギの花 寒川町田端 2018/10/15

オギの花 寒川町田端 2018/10/15

オギの花 藤沢市大庭・引地川流域の田んぼ 2018/10/16

オギの花 藤沢市大庭・引地川流域の田んぼ 2018/10/16

ぶらぶら垂れ下がっている赤紫色が花粉を放出する雄蕊。ススキの葯(やく)は黄色だが、オギの葯は赤紫色である。同じく赤紫色ながらケムシ(毛虫)みたいな姿のものがにょろっと飛び出ていたらそれが雌蕊である。

オギの雄蕊と雌蕊 寒川町田端 2018/10/15

オギの雄蕊と雌蕊 寒川町田端 2018/10/15

オギの雄蕊と雌蕊 寒川町田端 2018/10/15

オギの雄蕊と雌蕊 寒川町田端 2018/10/15

オギの穂

穂はススキに比べて白っぽく、ときに純白でススキよりも美しい。近寄ってよく見れば、ススキの小穂(しょうすい)に見られる芒(のぎ、ちょろ毛)がオギにはないことが確認できる。アシの穂は茶色みが強くふかふか感も物足りないためあまりきれいには感じられず、見分けられるだろう。

オギの穂 藤沢市・引地川親水公園湿性植物園 2018/10/02

オギの穂 藤沢市・引地川親水公園湿性植物園 2018/10/02

オギの穂 藤沢市・引地川親水公園湿性植物園 2018/10/02

オギの穂 藤沢市・引地川親水公園湿性植物園 2018/10/02

オギの穂 藤沢市・引地川親水公園湿性植物園 2016/20/27

オギの穂 藤沢市・引地川親水公園湿性植物園 2016/20/27

秋深まって枯れてくると実の茶色っぽさが際立つようになり、アシと紛らわしくなってくる。

オギの熟した穂 藤沢市・引地川親水公園大庭遊水地 2018/11/24

オギの熟した穂 藤沢市・引地川親水公園大庭遊水地 2018/11/24

オギの熟した穂 藤沢市・引地川親水公園大庭遊水地 2018/11/24

オギの熟した穂 藤沢市・引地川親水公園大庭遊水地 2018/11/24


小網代の森(「やなぎテラス~えのきテラス」間の湿原に群生、アシも群生、ススキはえのきテラス周辺に少数株あるのみ)、馬入水辺の楽校(大群生)

引地川親水公園湿性植物園(北側半分に群生、南側はアシの群生)

フォローする