ダンチク

暖竹、葮竹 イネ目/イネ科/ダンチク属 花期/9月~10月中旬 結実期(穂の見頃)/10月中旬~11月
学名/Arundo donax L.

有毒自生種外来種改良種稀少保護

国際自然保護連合(IUCN)「世界の侵略的外来種ワースト100」

ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

海岸ないし海近くの川岸に生える大型な多年草で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。草丈は人の背丈を遙かに超えて、4mくらいにもなる超大型巨大ススキ(芒)、とでもいった感じの植物。よく群生する。穂がヨシ(葦、葭)のようで茎(イネ科の茎は稈(かん)という)がまるでタケ(竹)のような見た目になることから、別名ヨシタケ(葭竹)。ダンチクの名は、温暖な地域で見られるタケのようなものの意か、ヨシタケの漢字表記”葭竹”を誤読したか、不明。神奈川県内でも海辺に自生が見られるも自生地は少ない。茶花(ちゃばな)として利用されることがあるので、ときに栽培される。

ダンチクの小群落(右側はパンパスグラス) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの小群落(右側はパンパスグラス) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

開花時期のダンチク 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

開花時期の#ダンチク 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチク(セイヨウダンチク) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2021/09/11

#ダンチク(セイヨウダンチク) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2021/09/11

斑が抜けかけているダンチク(セイヨウダンチク、左手前はススキ) 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

斑が抜けかけている#ダンチク(セイヨウダンチク、左手前は#ススキ) 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

葉は、直立した茎から生える茎生葉(けいせいよう)。主脈があまり明瞭でないのでアシの葉に似るが、ダンチクは葉の基部がひだ状の耳となって茎を抱く。明治時代(1868-1912)にヨーロッパから入ってきた斑入り(ふいり)葉の品種(Arundo donax ‘Versicolor’)が園芸栽培されることあり。オキナダンチク(翁暖竹)、シマダンチク(縞暖竹)、セイヨウダンチク(西洋暖竹)、フイリノセイヨウダンチク(斑入の西洋暖竹)と呼ばれる。

ダンチクの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

#ダンチクの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

ダンチクの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

#ダンチクの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

ダンチクの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

#ダンチクの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

ダンチク(セイヨウダンチク)の葉 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

#ダンチク(セイヨウダンチク)の葉 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

ダンチクの耳が茎を抱く葉の基部 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの耳が茎を抱く葉の基部 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチクの耳が茎を抱く葉の基部 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの耳が茎を抱く葉の基部 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチクの稈 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの稈 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチク(セイヨウダンチク)のタケのような下部の稈 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

#ダンチク(セイヨウダンチク)のタケのような下部の稈 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

ダンチク(セイヨウダンチク)のタケのような下部の稈 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

#ダンチク(セイヨウダンチク)のタケのような下部の稈 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

ダンチクとほぼ同規模に巨大化する”お化けススキ”的なものにパンパスグラスがあるが、こちらは根生葉(こんせいよう)主体で葉は細い。花期はダンチクより早い。

ダンチクの花

イネ同様に、若くて貧相なうちの穂から雄蕊と雌蕊をちょろっと出すのみ。両性花らしい。花弁はない。

ダンチクの開花中の花穂 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの開花中の花穂 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの花(雌花と雄花) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチクの実

ふわふわなやや茶色っぽい果穂を作る。色的にはパンパスグラスの方が明るくてきれい。

ダンチクの開花が終わって箒のような姿になってきた果穂 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#ダンチクの開花が終わって箒のような姿になってきた果穂 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

ダンチク(セイヨウダンチク)の花終わり 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

#ダンチク(セイヨウダンチク)の花終わり 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

ダンチク(セイヨウダンチク)の果穂 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08

#ダンチク(セイヨウダンチク)の果穂 鎌倉市・常楽寺 2021/10/08


斉田浜、#茅ヶ崎 太陽の郷(南湖院記念 太陽の郷庭園に多め、一般公開、パンパスグラスも)

#常楽寺(駐車場東側に斑が抜けかけているセイヨウダンチク)、大船フラワーセンター(ツバキ園北東向かいの宿根ボーダー花壇にセイヨウダンチク)

参考資料

『神奈川県植物誌2018』(電子版を含む) 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県植物誌調査会発行(2018)

『牧野日本植物図鑑』 牧野富太郎著 北隆館発行(1940)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

パンパスグラス

ヨシ(アシ)

ススキ

オギ

セイバンモロコシ

フォローする