パンパスグラス

Pampas grass イネ目/イネ科/シロガネヨシ属 花期/8月下旬~9月中旬 見頃/8月下旬~11月
学名/Cortaderia selloana (Schult. & Schult.f.) Asch. & Graebn.

危険外来種改良種駆除

生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」

開花中のパンパスグラス 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

開花中の#パンパスグラス 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

日当たりの良い場所で園芸栽培される、南米原産の多年草で、雌雄異株(しゆういしゅ)。草丈が2mを超える巨大ススキ(芒)といったところの植物。人呼んで”お化けススキ“。大きくそそり立つふかふかもふもふな穂が人目を惹くため、切花(きりばな)が秋を彩る茶花(ちゃばな)として好まれる。ピンク色や青色などに染色されたドライフラワーがカラーパンパスグラスと呼ばれて売られていることも。巨大で場所を取るため民家の庭で栽培されることはまずないが、公園に植えられることがある。和名はシロガネヨシ(白銀葭)だが、英名のパンパスグラスで呼ばれることがほとんど。パンパス(スペイン語でパンパ)はアルゼンチンに広がる草原地帯のこと。パンパスグラスは草原に生える草、という意味。

開花中のパンパスグラス 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

開花中の#パンパスグラス 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

開花中のパンパスグラス(建物は国登録有形文化財「旧南湖院第一病舎」) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

開花中の#パンパスグラス(建物は国登録有形文化財「旧南湖院第一病舎」) 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

開花中のパンパスグラス 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

開花中の#パンパスグラス 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

秋のパンパスグラス 東京都調布市・神代植物公園 2018/11/10

秋の#パンパスグラス 東京都調布市・神代植物公園 2018/11/10

秋のパンパスグラス 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/10/06

秋の#パンパスグラス 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/10/06

根生葉がもしゃもしゃ茂る。葉は、似たような植物と比べても明らかに細い。縁(ふち)が鋭利なので、素手で触れないように注意したい。

パンパスグラスの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

#パンパスグラスの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

パンパスグラスの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

#パンパスグラスの葉 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

お化けススキっぽい巨大植物は他にダンチク(暖竹)があり、これも希に栽培される。ダンチクの葉は幅広で茎生葉(けいせいよう)のみ。ジャパニーズ・パンパスグラス(Japanese pampas grass)は、ススキの英名。

パンパスグラスの花

雌雄異株で、一般的に植えられているのは花穂(かすい)が白くふかふかになる雌株のみ。イネ科の仲間なので、雌蕊がちょろっと穂から飛び出るのみ。パンパスグラスは秋の穂という印象が強いが、(秋っぽさはないけれど)じつは最も美しいのは開花時期。穂が赤紫色を帯びる品種もある。ダンチクの開花はもっと後になってから。

開花中のパンパスグラス 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

開花中の#パンパスグラス 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

パンパスグラスの雌花 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

#パンパスグラスの雌花 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

パンパスグラスの雌花 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

#パンパスグラスの雌花 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/08/26

雄株の穂は茶色くてごわごわしているらしい。観賞に用をなさないので植えられることはまずない。流通もしていない。

パンパスグラスの実

果穂(かすい)はちょっと茶色っぽくなる。

パンパスグラスの果穂 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

#パンパスグラスの果穂 茅ヶ崎市・太陽の郷庭園 2021/10/11

パンパスグラスの果穂 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/10/06

#パンパスグラスの果穂 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/10/06

パンパスグラスの果穂 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/10/06

#パンパスグラスの果穂 鎌倉市・大船フラワーセンター 2020/10/06

秋のパンパスグラス 東京都調布市・神代植物公園 2018/11/10

秋の#パンパスグラス 東京都調布市・神代植物公園 2018/11/10

12月に入ると穂が傷み始めて見納め。


#大船フラワーセンター、#湘南T-SITE(矮性)、#辻堂海浜公園(「しょうなんの森」の国道134号線南側)、#茅ヶ崎 太陽の郷(南湖院記念 太陽の郷庭園に多い、一般公開、ダンチクも)、#花菜ガーデン

#くりはま花の国(四季の花壇側入口)

相模原市南区・#相模原公園

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ダンチク

ススキ

オギ

ヨシ(アシ)

セイバンモロコシ