イヌシデ

犬四手、犬紙垂 ブナ目/カバノキ科/シデ属 花期/3月下旬~4月上旬 結実期/8月~11月

自生種

イヌシデの若い雄花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/29

#イヌシデの若い雄花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/29

丘陵地などの林内に生える落葉高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。イヌは特に用途がないの意。四手(紙垂)は、神社で見られる白色の和紙を追って吊り下げたもの。実の様子が見立てられたのだろう。結構な高木になるので花を間近で見る機会はなかなかないが、咲き終わって散った雄花がまるでケムシ(毛虫)か何かのようなにょろにょろした姿で地面を埋め尽くすので、”ああ、こんなところにイヌシデがあったのか”と気づかされる。湘南・鎌倉・三浦半島で普通種。公園にも植樹されている。風に揺れやすいので観察は無風の日に。

イヌシデ 鎌倉中央公園 2017/03/30

#イヌシデ 鎌倉中央公園 2017/03/30

イヌシデ 鎌倉中央公園 2017/03/30

#イヌシデ 鎌倉中央公園 2017/03/30

イヌシデの実 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

#イヌシデの実 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

イヌシデの幹(樹皮) 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

#イヌシデの幹(樹皮) 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

近似種にアカシデ(赤紙垂)、クマシデ(熊紙垂)がある。丹沢などの山地にはサワシバ(沢柴)も。葉の形状と、実があれば苞の形状で見分ける。

イヌシデの花

イヌシデの若い雄花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/29

#イヌシデの若い雄花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/29

イヌシデの若い雄花と雌花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/29

#イヌシデの若い雄花と雌花 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/29

イヌシデの実

ビールの原料になるホップを思わせるクマシデに比べればふさふさ感が欠ける姿。実を形成している数多くの小さな葉は苞(ほう)と呼ばれるもの。苞は二枚で一対。種子はそれぞれの苞の内側基部にある。

イヌシデの実 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

#イヌシデの実 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

イヌシデの実 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

#イヌシデの実 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

イヌシデの実 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

#イヌシデの実 茅ヶ崎市・中央公園 2018/10/15

苞一枚の形はクマシデやアカシデと違って、イヌシデのはほぼ半身しかない形状。

イヌシデのほぼ完熟した実 藤沢市・神台公園 2019/11/17

#イヌシデのほぼ完熟した実 藤沢市・神台公園 2019/11/17


横浜市金沢区・#金沢自然公園(なんだろ坂)

横須賀市・鷹取山公園(樹名板あり)、#鎌倉中央公園、藤沢市・#神台公園(まだ若木なので低所に花実あり、樹名板あり)、茅ヶ崎市・#中央公園

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

クマシデの未熟な実 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/24クマシデ

『イヌシデ』へのコメント

  1. 青木秀雄 投稿日:2018/04/17(火) 11:45:03 ID:f85820750 返信

    シンプルかつ丁寧な画像と説明で、たいへん参考になりました。
    ホーム画面に出して、いつでも見れるようにしました。ありがとうございます

    • mirusiru.jp 投稿日:2018/04/20(金) 21:00:59 ID:3b65f27b2 返信

      ありがとうございます。

      このサイトは”鎌倉を訪れた観光客の「この花なんだろう?」という疑問に答える”という基準を満たすことを目標にしています。
      イヌシデの仲間に関しては情報が全く足りていないことは認識しておりますので、長い目で見てやって頂ければと思います。