クリスマスローズ(オリエンタリス)

Christmas rose(Orientalis) キンポウゲ目/キンポウゲ科/クリスマスローズ属 花期/2月下旬~3月
学名/Helleborus orientalis Lam.

有毒外来種改良種

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の八重咲き品種 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の八重咲き品種 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

園芸栽培される、ヨーロッパなどを原産とする常緑の多年草。単にクリスマスローズといった場合は、クリスマスローズ属に分類される植物の(園芸種を含めた)総称。学名からヘレボルス(Helleborus、ヘレボラス)とも。園芸業界ではクリローと略して呼ばれることも。じつは、正しくは、クリスマスローズと呼ばれるべきは、このうちのヘレボルス・ニゲル(ヘレボルス・ニガー、ヘレボルス・ノイガー)という学名を持つただ一種のみだったりする。本当のクリスマスローズはヘレボルス・ニゲル。早咲きなので原産地ではクリスマス(12月25日)には開花し、花姿がバラ(薔薇)のようだ、の意。これに対し、日本でクリスマスローズの名前で販売されているものは、ほとんどがヘレボルス・オリエンタリスないしそれを中心とした交配種(ハイブリッド、ガーデン・ハイブリッド)である。栽培しやすく園芸種も多彩なのだが、じつはこちらはクリスマスには咲いてはくれず、春になってようやく開花する。従って和名もハルザキクリスマスローズ(春咲くりすますろーず)と名付けられている。英名もChristmas roseではなく、Lenten rose(レンテンローズ)。キリスト教の四旬節(しじゅんせつ、レント、およそ2月)に咲くバラのような花の意である。日本国内(の園芸業界)では、一般的にはヘレボルス・オリエンタリスを中心に、それ以外のちょっと知名度の低い近似種も全部ひっくるめて総称してクリスマスローズと呼んでいるのである。※本頁では、クリスマスローズは総称として用いる。

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の鉢植え 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の鉢植え 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 平塚市・花菜ガーデン 2017/02/27

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 平塚市・花菜ガーデン 2017/02/27

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 茅ヶ崎市浜之郷 2017/02/18

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 茅ヶ崎市浜之郷 2017/02/18

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 平塚市・花菜ガーデン 2017/03/16

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 平塚市・花菜ガーデン 2017/03/16

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 二宮町・徳富蘇峰記念館 2012/03/25""

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 二宮町・徳富蘇峰記念館 2012/03/25

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市南区・こども植物園 2018/03/15

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市南区・こども植物園 2018/03/15

ヘレボルス・オリエンタリスは、生命力が強く、花の少ない初春から、日当たりのあまりよろしくない場所でもしっかり育って花を(それなりには)付けてくれるため人気急上昇の高止まりを維持中で、ホームセンターの園芸コーナーでも取り扱いが多数あることからも、近年頻繁に見かけるようになった。どこもかしこもクリスマスローズだらけといっても過言ではないほどに。なお花付きの鉢植えは価格が高く、品種や株の大きさにもよりけりながら、1,980円くらいは最低でもするものだと覚悟しておきたい。新しい優れた園芸品種は値段に上限なし。タネを蒔いてから花が咲く株に成長するまでニ三年もかかるという生産コスト、同じように交配しても同じ花が咲いてくれないという特性による供給の不安定さ(開花見込み苗は添付されているラベルの写真通りの花が咲くとは限らないことも意味するので買う際には注意が必要、メリクロン苗を除く)、人気が抜群に高いこと、などが高額になってしまう理由。一般的な(古典的で一重咲きの)品種であれば(栽培は容易であり)株分けでもぐんぐん増えてくれるので、栽培している知人から増えすぎて余った株を無償で譲渡してもらうのが、一番安上がり。なお小さな苗は300円程度からあるが、前述の通りどのような花が咲いてくれるかさっぱりわからない上、入手しても開花は一年以上先の話となろう。特に小苗は真夏の暑さに耐えられず溶けて消滅してしまう危険も大。どのような花が咲くかわからない、というクリスマスローズの特性がある以上、自分好みの花を強く所望(しょもう)される場合は、値段が高くても花付きの鉢植えを購入した方が良いだろう。安い小苗を買ったはいいが、思っていたのと違って好みでない色の小さな花が少数しか咲かない、なんてことにもなりかねない。なお、小さな葉しかない株には要注意。仮にたくさんもりもり茂っていても小さな葉ばかりという株は、小さな花が少数しか咲かない性質がある可能性。太い葉柄(ようへい)を持った大きな葉がぼんぼんと二三本(以上)突き出ている株の方が、全体的に葉数は少なめであろうとも、大きな花がどかんと咲いてくれる傾向がある。

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 鎌倉市・光則寺 2019/03/15

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 鎌倉市・光則寺 2019/03/15

クリスマスローズは無茎種(むけいしゅ)と有茎種(ゆうけいしゅ)に大別され、育て方が異なるので注意が必要。一般的なクリスマスローズであるヘレボルス・オリエンタリスは無茎種、本家クリスマスローズであるヘレボルス・ニゲルは有茎種ないし中間種に分類される。およそ「クリスマスローズの育て方」と称して紹介されているのは、一般的なヘレボルス・オリエンタリス系(無茎種)の栽培方法である。

メリクロン苗(メリクローン苗)


バイオテクノロジー(生物工学)を駆使して人工的にコピー生産したクローン苗。タネから育てられた実生苗(みしょうなえ)とは違って、クローン元である親株と同じ花が咲く。突然変異でもない限り、添付されている園芸ラベル通りの花が咲くので安心して購入できる。

クリスマスローズの展示 鎌倉市・大船フラワーセンター 2022/03/07

#クリスマスローズの展示 鎌倉市・大船フラワーセンター 2022/03/07

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス 'エレガンスフレアピンク') 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス ‘エレガンスフレアピンク’) 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス 'ルーセブラック') 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス ‘ルーセブラック’) 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

クリスマスローズ(以下、本項はヘレボルス・オリエンタリスのこと)の自生場所は落葉樹の下。夏は落葉樹に葉が生い茂って涼しい木陰となり、秋から春は落葉樹が葉を落としたことでクリスマスローズに良く日が当たるようになる、また堆積した落ち葉が霜除けの役目も果たしてくれる。そのような、いわゆる雑木林の中のような環境で育てることが最適である。植物園や公園ならともかくも、民家の庭でそれを再現することはまず不可能なので、そういった環境に近づけられるよう鉢植えにして季節ごとに場所を移動させて栽培すると良い。用土は水はけ重視で、特に指定はないが、赤玉土(小苗は小粒、大株なら中粒、硬質赤玉土も選択肢に)、鹿沼土、軽石、「ベラボン」、腐葉土、牛糞堆肥、燻炭(くんたん)、有機石灰(カキ殻石灰)を少しだけ混ぜると良い、元肥(もとひ、もとごえ)として「マグァンプK」などの緩効性化成肥料、この辺りから適宜選択して配合する。土の表面が乾いたらたっぷり与える。肥料は、秋と春に錠剤の「プロミック クリスマスローズ用」、開花中は液肥、活力剤も併用する良い。有機肥料を用いるのは秋だけ(夏に効かせないため)。夏(6月~9月)は休眠期に入るので、肥料は切れていること。

公園に植栽されたクリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

公園に植栽された#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

公園に植栽されたクリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

公園に植栽された#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

公園に植栽されたクリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

公園に植栽された#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

公園に植栽されたクリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

公園に植栽された#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

クリスマスローズ(以下、本項ではヘレボルス・オリエンタリスなどの無茎種のこと)は、開花前、花芽が上がってくる頃に古葉取り(ふるはとり、古葉切り、葉切り)を行うと、花が早く咲く、良く咲く、大きく咲く、と言われている。行うのは11月から1月の間に。秋からやるという人もいれば、1月下旬が良いとか、花芽ができた後にやった方が良いとか。触るとばりばりする古い葉を中心に、何なら新しい葉も含めて大胆に葉を切ってゆく。切り過ぎるくらいに切った方がじつは良いらしいが、株全体の見た目がみすぼらしくなるので要注意。売られているクリスマスローズが葉をたくさん蓄えているのは、じつは見栄え良くするために(=良く売れるように)わざと(本当は不要な)葉を残しているというだけの話。葉を残しすぎると、まず花が葉に隠れてしまって見えないばかりか、花が小さくなってしまうなどの弊害が出るらしい。ハサミで地際(じぎわ)から10cm弱の葉柄(ようへい)を残して葉をちょん切る。あんまり株元近くで切ってしまうと菌などが侵入して株を傷めてしまうおそれが出てくるため、葉柄は少し残しておく。残った柄(え)はじきに枯れるので、引き抜いてやる。花芽は良く日に当ててやる。葉は次々と生え出てくるので、切り過ぎたとしても大きな心配はなし。特に花後はたいへん良く茂る。なおクリスマスローズは有毒なので、切り口の汁気が目に入ったり(手で目を擦ったり)しないように。汁気が肌に触れてもかぶれることがある。食品に用いるキッチンバサミは使わないように。

葉切りされたクリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

葉切りされた#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の葉 茅ヶ崎市浜之郷 2019/06/21

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の葉 茅ヶ崎市浜之郷 2019/06/21

クリスマスローズの仲間は他に、ヘレボルス・リビダス(Helleborus lividus)、ヘレボルス・フェチダス(Helleborus foetidus)、ヘレボルス・ステルニー(Helleborus × sternii)などあり。葉がちょっと変わった形をしているなと感じられたら、これらである可能性。無茎種なのか(中間種なのか)有茎種なのかを確認してから入手しないと、思っていたのとぜんぜん違う姿に育つので注意。

クリスマスローズ(有茎種) 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/04

#クリスマスローズ(有茎種) 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/04

クリスマスローズ(有茎種) 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/04

#クリスマスローズ(有茎種) 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/04

クリスマスローズ(オリエンタリス)の花

品種などにもよるが、ふつう2月下旬から開花する。クリスマスではなく、春の庭を飾る花である。花色は主に白色ないし赤紫色。黒(暗い紫色)や黄色も。咲き進んでいくと色が変化してゆくことは往々にしてあり。なお栽培環境によっても花色に違いが出てくるようなので、生産者が山上げしたりビニールハウスに入れたりして栽培していたものを買ってきたばかりのと、自宅に置いて一年たったものでは、なんだか花色が濃くなってしまった、なんていうことも起こりがちなので注意したい。草丈が人の脛(すね)程度と低いことに加え、下向きに花が咲くため、地植えにすると蕊の様子はほとんど窺(うかが)えないちょっと残念な状態に。花弁のように見える部分は学術上は萼片。硬めな上に気温が寒いことも重なって、すぐには傷まず花持ち良好。花が咲き終わって蕊が全部落ちてしまったあとでも、花はいつまでも傘開いた状態で残っているなんていうことも。ただし、来年の咲きっぷりを考えるなら、咲き終わったら花殻(はながら)は早めにどんどん切り落としてしまった方が良い、とされている。満開の状態で最後の蕾が開いたらもうさっさと花を全部切っちゃって、とはクリスマスローズ生産者の(ちょっと無茶な)談。

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 平塚市・花菜ガーデン 2017/02/27

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 平塚市・花菜ガーデン 2017/02/27

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 茅ヶ崎市浜之郷 2017/02/18

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 茅ヶ崎市浜之郷 2017/02/18

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 横浜市戸塚区・俣野別邸庭園 2021/02/25

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 茅ヶ崎市浜之郷 2022/03/15

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 茅ヶ崎市浜之郷 2022/03/15

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス) 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

昨今の主流は、花が豪華に見える八重咲き品種。

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の八重咲き品種 大船フラワーセンター 2022/03/07

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の八重咲き品種 大船フラワーセンター 2022/03/07

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス 'フローレンスローズリップル') 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス ‘フローレンスローズリップル’) 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス 'ブラックスワン') 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス ‘ブラックスワン’) 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の八重咲き黄色花 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の八重咲き黄色花 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス 'ジェルピンク') 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス ‘ジェルピンク’) 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

クリスマスローズ 平塚市・花菜ガーデン 2017/02/27

#クリスマスローズ 平塚市・花菜ガーデン 2017/02/27

クリスマスローズ 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

#クリスマスローズ 鎌倉市・本龍寺 2021/02/23

クリスマスローズ(有茎種) 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/04

#クリスマスローズ(有茎種) 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/04

無理な植え替えが祟ったか、白花品種のはずが緑花になってしまったクリスマスローズ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/09

無理な植え替えが祟ったか、白花品種のはずが緑花になってしまった#クリスマスローズ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/09

クリスマスローズ(オリエンタリス)の実

放っておけば実がなりタネも穫れる。ただし実を付けてしまうと来年の花数は減ることになる。タネを採取したい場合は絵筆などを用いて人工授粉した方が結果率(実付き)が良くなる。

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の若い実 茅ヶ崎市下町屋 2019/05/16

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の若い実 茅ヶ崎市下町屋 2019/05/16

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の完熟して開いた実の残骸 茅ヶ崎市浜之郷 2021/05/30

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の完熟して開いた実の残骸 茅ヶ崎市浜之郷 2021/05/30

クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の種子 茅ヶ崎市浜之郷 2021/05/30

#クリスマスローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)の種子 茅ヶ崎市浜之郷 2021/05/30


相模原市南区・#相模原麻溝公園(クリスマスローズの小道などにオリエンタリス・ハイブリッド8,000株以上)、相模原市南区・#相模原麻溝公園ふれあい動物広場(※管理者は相模原麻溝公園とは異なる)、横浜市戸塚区・#俣野別邸庭園

鎌倉市腰越・#本龍寺(八重咲きの鉢植え多種)、#花菜ガーデン(風くるま迷図にオリエンタリスハイブリッド、2月上旬~中旬 クリスマスローズ展)

寒川町・#フローラルリーフ(フェチダスの鉢植え販売あった(2021年秋))

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

クリスマスローズ(ヘレボルス・ニゲル)