アキノタムラソウ

秋の田村草 シソ目/シソ科/アキギリ属 花期/8月中旬~10月中旬

自生種保護

アキノタムラソウ 鎌倉中央公園 2018/07/08

アキノタムラソウ 鎌倉中央公園 2018/07/08

林縁部や草地、ハイキングコース沿いなどに生える多年草。花穂(かすい)が長く伸びるため、草丈は人の膝(ひざ)程度になる。花は初夏から咲くが、一般に数多く見かけるようになるのは晩夏。湘南・鎌倉・三浦半島では、自然が多く残る丘陵地などでは比較的多く見かける普通種。花穂が長いばっかりで花がおとなしすぎる姿なため、栽培されることはまずないだろう。

アキノタムラソウ 藤沢市・新林公園 2016/10/08

アキノタムラソウ 藤沢市・新林公園 2016/10/08

葉は対生、鋸歯はあまり鋭くは尖らずややふっくら丸みを帯びる。葉の形状は成長の度合いによって変異。葉は茎の下方、地面近くに付くので、他の雑草に隠れたりして目立たない。

アキノタムラソウの葉 鎌倉中央公園 2018/07/08

アキノタムラソウの葉 鎌倉中央公園 2018/07/08

花期がすこし早めのナツノタムラソウ(夏の田村草)は湘南・鎌倉・三浦半島に自生なし。全体的な雰囲気はヤマハッカ(山薄荷)とやや見間違えやすいか。アキギリ(秋桐)は湘南・鎌倉・三浦半島ではなぜか栽培ものも見かけない。アキギリの外来種には花壇に植えられる赤色のサルビアがある。名前が紛らわしいタムラソウ(田村草)はまったくの別種でアザミの仲間。

アキノタムラソウの花

花は日の当たる方を向くらしい。ほぼ輪生する。茎・萼のみならず花弁にも白い毛が生えるものが多い。色的には雄蕊の濃い紫色(黒っぽく見える)の葯(やく)がわずかなアクセントとなっている程度で、花弁に入る斑紋は白色なので地味。

アキノタムラソウ 藤沢市・新林公園 2016/10/08

アキノタムラソウ 藤沢市・新林公園 2016/10/08

アキノタムラソウ 鎌倉中央公園 2018/07/08

アキノタムラソウ 鎌倉中央公園 2018/07/08


新林公園(湿性植物区、10月上旬)、高麗山公園、二宮町・せせらぎ公園(8月中旬~9月中旬、入口のハギの並びに)

武山ハイキングコース(砲台山の西方)、神武寺(表参道)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする