カイコ

蚕 昆虫/チョウ目/カイコガ科/カイコガ属 幼虫期/5月~9月 成虫期/6月~10月

改良種

カイコの幼虫 2017/07/26

カイコの幼虫 2017/07/26

人間によって飼育される家畜のガ(蛾)。正式名称はカイコガ(蚕蛾)。その幼虫をカイコというが、一般には成虫も含めて種名としてカイコと呼ばれる。元は中国のクワコ(桑蚕)で、これを数千年前から家畜化していき品種改良の結果現在のカイコになったとされる(が、実際のところはよくわからない)。多品種あり。蛹(さなぎ)になる際に糸を吐き出して繭(まゆ)を作る。この糸が絹(きぬ)、英語でシルク(Silk)。”おカイコさま”という尊称で呼ばれていたのは高級絹糸を生産してくれ、”カネになった”から。かつては神奈川県でも養蚕(ようさん)が盛んだったが、安価な外国産シルクに押されて現在はほぼ全滅。厚木市に一軒だけ養蚕農家が残っているようだが、ご高齢のため今なお続けられていらっしゃるかどうか。横浜港の最大の輸出品目であった名残りで、山下公園近くにシルクセンター国際貿易観光会館・シルク博物館がある。カイコは現在でも小学校(主に小学三年生)の学習教材として利用されているようである。

カイコガ 2017/08/17

カイコガ 2017/08/17

平成26年(2014)「富岡製糸場と絹産業遺産群」としてユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に登録されにわかに注目を浴びるようになった富岡製糸場(群馬県富岡市)は、良質な生糸(きいと、繭から採れる繭糸を数本合わせて一本の糸状にしたもの)を生産し日本の近代化を支えた工場跡である。富岡製糸場は横須賀製鉄所のフランス人技師エドモンド・バスチャン(バスティアン)が設計したため、平成27年(2015)横須賀市は群馬県富岡市と友好都市の提携を結んだ。

東京都千代田区の皇居内に紅葉山御養蚕所(もみじやまごようさんじょ)なる施設があり、皇后陛下が養蚕を行っている。

カイコの卵

カイコの卵 大和市・泉の森郷土民家園 2017/07/17

カイコの卵(円形の囲いに入れて産ませたもの) 大和市・泉の森郷土民家園 2017/07/17

カイコの幼虫

餌は(農薬が降りかかっていない)クワ(桑)の葉のみ。水は飲まないので、葉に付いた水滴はしっかり拭き取ってから与えること(クワの葉をやることを給桑(きゅうそう)という)。おもしろいことに、カイコは頭上にある餌はよく食べるが、足元よりも下にある餌は一切食べない。食べないというより、探す能力がない。例えばクワの葉を五枚重ねた上にカイコを乗せた場合、食べるのは一番上の一枚だけで、その下の四枚には目もくれない。というより、そこに餌があることに気づかない。養蚕農家がカイコの上に新しいクワの葉をばさばさ乗っけていく光景を目にしたことがあると思うが、あれは手抜きで雑に作業しているわけではなく、頭上にある餌を食べようとするカイコの習性に適(かな)ったものなのであった。これは、一度にたくさんの餌をやっても無駄になるだけ、ということも意味する。十枚のクワの葉を一度に与えても、カイコが一番上まで上がって来てしまったらもう下の九枚はただのゴミになってしまうのだ。また、カイコはしおれたクワの葉も食べない。つまり、こまめに新鮮なクワの葉を与え続ける必要があるということ。よく食べる時期であれば二三時間置きに餌やりしなければならない。養蚕はたいへんだ、一家総出の作業だ、といわれたのはそういう事情があったからなのだった。

クワの葉を食べるカイコの幼虫 2017/07/21

クワの葉を食べるカイコの幼虫 2017/07/21

カイコの幼虫 2017/07/21

カイコの幼虫 2017/07/21

後頭部にある眼状紋が気色悪いが、カイコはまったくの無害。無毒、噛まない、引っ掻かない。

カイコの幼虫の顔 2017/07/24

カイコの幼虫の顔 2017/07/24

カイコの幼虫の顔 2017/07/26

カイコの幼虫の顔 2017/07/26

カイコ(斑紋のない白色種)の幼虫 2017/08/02

カイコ(斑紋のない白色種)の幼虫 2017/08/02

カイコ(斑紋のない白色種)の幼虫の脚 2017/08/02

カイコ(斑紋のない白色種)の幼虫の脚 2017/08/02

カイコの繭・蛹

五齢幼虫が少し黄色みを帯びてくると熟蚕(じゅくさん)になる。熟蚕はクワを食べず、繭を作れそうな場所を探して徘徊し始め、じきに糸を吐き出し繭作りを開始する。熟蚕になった気配を感じたら「まぶし」と呼ばれる格子状の部屋に入れてやるとよい。

手作りの段ボール製まぶしに作られたカイコの繭 2017/08/09

手作りの段ボール製まぶしに作られたカイコの繭 2017/08/09

一般家庭で少数を飼育している場合は、トイレットペーパーの芯をまぶし代わりに使ってしまうが吉。カイコは繭に入る前に人生最初のおしっこをするので汚れないように新聞紙などを敷き、その上にトイレットペーパーの芯を立て、中に熟蚕を一頭入れてやる。それだけでしっかり繭を作ってくれるのでとっても楽ちん。

トイレットペーパーの芯をまぶし代わりにしたカイコの繭 2017/08/09

トイレットペーパーの芯をまぶし代わりにしたカイコの繭 2017/08/09

カイコが繭に入る前に催した尿で汚れた毛羽 2017/08/09

カイコが繭に入る前に催した尿で汚れた毛羽 2017/08/09

繭の周囲にある糸は営繭(えいけん)するとき最初に吐き出した糸。自分の足場に使うと同時に繭を固定する。この糸を毛羽(けば)という。

繭の外観は二三日もすれば完成するが、中の幼虫がしっかり蛹(さなぎ)になるまで(営繭から)約十日間放置し収穫(収繭(しゅうけん)という))。それから繭糸を採るなり、繭を(冷凍させてから天日で乾燥)保存するなり、蛹の観察をするなり、成虫にするためそのまま更に放置するなりする。

毛羽を取り除いたカイコの繭 2017/08/09

毛羽を取り除いたカイコの繭 2017/08/09

カイコの繭の中身 2017/08/09

カイコの繭の中身 2017/08/09

カイコの蛹だなんて、”気色悪い”と感じる人が圧倒的大多数だと思うけれども、意外とこれが、食用になる。イナゴ(蝗)やハチノコ(蜂の子)を食べるがごとく、養蚕が盛んだった信州(長野県)ではカイコの蛹も佃煮にして食べている。また近年は宇宙食としても研究がされているという。クワの葉だけで成長し、またその成長スピードが異様に早いことから、宇宙空間での貴重な蛋白源としてカイコの蛹が注目されているというのだ。名付けてシルクナゲット(チキンナゲット状に加工するわけではなく、まんまの蛹をそう呼んで気色悪さを紛らわしているだけ)。ちなみにコイ(鯉)釣りなどで使われる”さなぎ粉”という餌もカイコの蛹である。

カイコの蛹(斜め上から、頭部は向かって左側) 2017/08/09

カイコの蛹(斜め上から、頭部は向かって左側) 2017/08/09

カイコの蛹(真下から、頭部は向かって左側) 2017/08/09

カイコの蛹(真下から、頭部は向かって左側) 2017/08/09

真綿


訳あり品の繭、例えば、複数頭のカイコが集まって一つの繭を作ってしまったものなどは、糸が絡まってしまっているため生糸(きいと)生産用の繭として出荷できない。そうした繭を(蛹を取り除いて)引き延ばして作る綿状のものを真綿(まわた)という。

生糸と真綿

真綿は”化学繊維ではなく木綿(もめん)100%ですよ”という意味では決してない。真綿は絹。この薄く伸ばした真綿を幾重にも重ねると保温性が高まるため、布団の充填物などに好まれる。

カイコの成虫

繭を溶かして穴を開け、成虫のカイコガが登場。

繭を脱出したカイコガ 2017/08/17

繭を脱出したカイコガ 2017/08/17

繭から出たら人生二度目にして最後のおしっこをするので、服などを汚してしまわないよう。

カイコガのおしっこ 2017/08/17

カイコガのおしっこ 2017/08/17

カイコガ 2017/08/17

カイコガ 2017/08/17

カイコガ 2017/08/17

カイコガ 2017/08/17

カイコガ 2017/08/17

カイコガ 2017/08/17

カイコガは飛ばない(飛べない)。雌はよちよちと何かにしがみついたまま雄を待ち、雄はじたばた羽ばたきながら雌を探して歩き回り、交尾に至る。雄は羽ばたく際に鱗粉(りんぷん)をたくさんまき散らすので要注意。

カイコガ 2017/08/17

カイコガ 2017/08/17

クワコ

桑蚕、野蚕 昆虫/チョウ目/カイコガ科/カイコガ属 幼虫期/5月下旬~8月 成虫期/7月~9月

在来種

クワの葉にいたクワコの幼虫 大和市・泉の森郷土民家園 2017/07/17

クワの葉にいたクワコの幼虫 大和市・泉の森郷土民家園 2017/07/17

カイコ(蚕)の原種とされる中国産クワコ、の日本在来種。カイコとは違って、幼虫は逃げる、糸は低品質、成虫のガ(蛾)は飛ぶ。幼虫はヤマグワ(山桑)の葉や枝をよく探せば稀に見つけることができる。体が茶色っぽいため、葉にあれば鳥の糞(ふん)に、枝で気張っているものは小枝にしか見えないので、そう簡単に見つけられるものではないかもしれない。

クワコの幼虫

クワの葉にいたクワコの幼虫 大和市・泉の森郷土民家園 2017/07/17

クワの葉にいたクワコの幼虫 大和市・泉の森郷土民家園 2017/07/17

クワの葉にいたクワコの幼虫 大和市・泉の森郷土民家園 2017/07/17

クワの葉にいたクワコの幼虫 大和市・泉の森郷土民家園 2017/07/17

クワの葉にいたクワコの幼虫 鎌倉中央公園 2017/07/22

クワの葉にいたクワコの幼虫 鎌倉中央公園 2017/07/22

眼状紋を強調するクワコの幼虫 鎌倉中央公園 2017/07/22

眼状紋を強調するクワコの幼虫 鎌倉中央公園 2017/07/22

東国原英夫氏の顔まねをするクワコの幼虫 鎌倉中央公園 2017/07/22

東国原英夫氏の顔まねをするクワコの幼虫 鎌倉中央公園 2017/07/22

クワコの蛹

クワコの蛹 鎌倉中央公園産 2017/07/30

クワコの蛹 鎌倉中央公園産 2017/07/30

クワコの蛹 鎌倉中央公園産 2017/07/30

クワコの蛹 鎌倉中央公園産 2017/07/30

クワコの成虫

なぜかカメラ目線をしてくるクワコ 鎌倉中央公園産 2017/08/12

なぜかカメラ目線をしてくるクワコ 鎌倉中央公園産 2017/08/12

クワコ 鎌倉中央公園産 2017/08/12

クワコ 鎌倉中央公園産 2017/08/12

クワコ 鎌倉中央公園産 2017/08/12

クワコ 鎌倉中央公園産 2017/08/12

クワコ 鎌倉中央公園産 2017/08/12

クワコ 鎌倉中央公園産 2017/08/12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする