ユキワリイチゲ

雪割一華 キンポウゲ目/キンポウゲ科/イチリンソウ属 花期/2月中旬~3月

有毒稀少

ユキワリイチゲ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07

#ユキワリイチゲ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07

西日本の林内に生える多年草。俗にユキワリソウ(雪割草)とも呼ばれるミスミソウ(三角草)に近い、早春を彩る花。花も葉も見られるのは春のうちだけという、いわゆるスプリング・エフェメラル(Spring ephemeral、スプリングは”春”、エフェメラルは”儚いもの”や”短命なもの”の意)の一種。神奈川県内に自生なし。稀に栽培される。

ユキワリイチゲ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07

#ユキワリイチゲ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07

葉は三深裂し鋸歯が入るため、ミツバ(三つ葉)のように見える。寒い時季は紅葉して紫色を帯びている。

ユキワリイチゲの葉 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07

#ユキワリイチゲの葉 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07

ユキワリイチゲの花

花弁は多く十五枚程度。日が陰ると花はすぐ閉じてしまうため、花見は晴れた日の昼過ぎがよい。曇天日や木陰などでは観賞に難。

ユキワリイチゲ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07

#ユキワリイチゲ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07

ユキワリイチゲ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07

#ユキワリイチゲ 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/02/07


#浄妙寺(3月中旬)、#フラワーセンター大船植物園(ハナショウブ~さるすべり園間の樹木足元、2月中旬~)

相模原市緑区・#城山かたくりの里(有料)

フォローする