ノシラン

熨斗蘭 クサスギカズラ目/クサスギカズラ科/ジャノヒゲ属 花期/8月~9月 結実期/12月~3月

ノシランの実 鎌倉市・長谷寺 2018/02/06

#ノシランの実 鎌倉市・長谷寺 2018/02/06

園芸栽培される常緑の多年草。長細い葉を多くもっしゃもっしゃに出し背丈は50cm前後と、ジャノヒゲ(蛇の髭)にしては甚だ巨大なのがノシラン。葉しかない時期であればヤブラン(藪蘭)と見間違えそうだが、全体のボリュームはノシランの方が明らかにでっかいのが普通。とはいえ、成長具合によってはヤブラン同等サイズのものももちろん存在するけれども。西日本に分布し、神奈川県内で見られるものはいずれも栽培ものないしその逸出。日陰を好むため庭木の下草として植えられる。市街地のみならず自然豊かな谷戸(やと)深部にも帰化が見られる。密生して生えることは好まないのか点在する。

石垣の隙間という突飛な場所に植えられたノシラン 鎌倉市・大巧寺 2019/08/27

石垣の隙間という突飛な場所に植えられた#ノシラン 鎌倉市・大巧寺 2019/08/27

ノシランの花

花は白色で、若いうちは立ち上がっているがじきに自重に負けて首を垂れ傾く。

ノシラン 清水谷 2016/08/31

#ノシラン 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/31

ノシラン 清水谷 2016/08/31

#ノシラン 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/31

ノシラン 逗子市・蘆花記念公園 2019/09/01

ノシラン 逗子市・蘆花記念公園 2019/09/01

ノシラン 逗子市・蘆花記念公園 2019/09/01

ノシラン 逗子市・蘆花記念公園 2019/09/01

ノシランの実

やや楕円の実(のように見える種子)が、緑色から僅かに紫を帯びた紺色(コバルトブルー)に熟す。結構重たいため柄で支えきれず、葉にもたれかかる。

ノシランの実 鎌倉市・長谷寺 2018/02/06

#ノシランの実 鎌倉市・長谷寺 2018/02/06

ノシランの実 茅ヶ崎市・清水谷 2017/02/08

#ノシランの実 茅ヶ崎市・清水谷 2017/02/08


蘆花記念公園(旧野外活動センター第二休憩所の一段上の山道沿いに帰化多い)、#衣笠山公園(管理事務所西側の園路沿いに多数)、#長谷寺(眺望散策路に多数)、#成就院

#大巧寺(山門入ってすぐ左)、#英勝寺、#江の島(杉山検校の墓周辺など)、茅ヶ崎市・#清水谷

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

タマリュウ(栽培) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/07/03ジャノヒゲ

ナガバジャノヒゲ 鎌倉中央公園 2018/07/08ナガバジャノヒゲ

オオバジャノヒゲ 横浜市磯子区・氷取沢市民の森 2018/06/17オオバジャノヒゲ

ヤブラン 茅ヶ崎市・清水谷 2016/08/31ヤブラン

ヒメヤブラン 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17ヒメヤブラン

キチジョウソウ 逗子市・神武寺 2018/10/25キチジョウソウ

フォローする