オヤマボクチ

雄山火口 キク目/キク科/ヤマボクチ属 花期/10月下旬~11月中旬

オヤマボクチ 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチ 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

神奈川県民は大山に釣られてオオヤマボクチと呼びたくなるが正しくはオヤマボクチ。雄と呼ぶべきごつさを感じる、山に生えた、火起こしをするときに使う火口(ほくち)と呼ばれる綿毛が取れるもの、の意と思われる。あるいは三宅島の雄山(おやま)などで発見されていればその地名に因むか。ぱっと見は色味が渋い大型のアザミ(薊)。ただし葉が棘々(とげとげ)していないのでアザミには分類されない。神奈川県内では丹沢や箱根といった山地に自生がみられ、湘南・鎌倉・三浦半島には分布なし。風変わりな面白い存在なので建長寺や円覚寺の境内隅などに植えられていても似合いそうだが、意外に栽培もされていない。オヤマボクチが咲くと、野山で見られる野草は見納めに。

オヤマボクチ(やや小振り) 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチ(やや小振り) 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチ(やや小振り) 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチ(やや小振り) 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチの花期の葉 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチの花期の葉 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

葉が心形で大味な鋸歯があればハバヤマボクチ(葉場山火口)。箱根に自生あり。

オヤマボクチの花

首をくいっと曲げて下向きに咲く。濃い赤紫色。

オヤマボクチ 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチ 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチ 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチ 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチ 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

オヤマボクチ 東京都調布市・神代植物公園植物多様性センター 2018/11/10

怪アザミという意味でアメリカオニアザミ(アメリカ鬼薊)フジアザミ(富士薊)と混同せぬよう。似てはいないが。


東京都調布市・神代植物公園(植物多様性センター奥多摩ゾーンIエリア=カツラの足元、山野草園)

厚木市・荻野運動公園(野草園)、秦野市・葛葉緑地、箱根町・金時山、箱根町・明神ヶ岳(10月下旬)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする