オオデマリ

大手毬 マツムシソウ目/ガマズミ科/ガマズミ属 花期/4月中旬~5月中旬

改良種

オオデマリ 横須賀しょうぶ園 2016/04/27

#オオデマリ 横須賀しょうぶ園 2016/04/27

園芸栽培される落葉低木。樹高は人の背丈を軽く超える程度で、白色の手毬咲きアジサイ(紫陽花)そっくりな花を咲かせる。アジサイにしてはさすがに開花が早すぎる、花序が小さめなような気がする、それがオオデマリである。アジサイとは葉の様子が明らかに異なっているので見分けは難しくはない。オオデマリは小花がすべて装飾花になった園芸種。元はヤブデマリ(藪手毬)の変種で日本海側に産するケナシヤブデマリ(毛無藪手毬)といわれている。ケナシヤブデマリは扁平な散房花序、オオデマリの花序は球形になるという違いもあるが。

オオデマリ 横須賀しょうぶ園 2016/04/27

#オオデマリ 横須賀しょうぶ園 2016/04/27

オオデマリ 横須賀しょうぶ園 2016/04/27

#オオデマリ 横須賀しょうぶ園 2016/04/27

オオデマリ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

#オオデマリ 横浜市戸塚区・俣野園 2017/04/26

花はオオデマリにそっくりでありながら葉の形状が異なるテマリカンボク(手毬肝木)ないし近似の外来種セイヨウテマリカンボク(西洋手毬肝木、ビバーナム・スノーボール)というのもあるので注意。葉が三裂していたらテマリカンボクの仲間である。

オオデマリの花

どう見ても手毬咲きアジサイ(アナベルという白花がある)といった姿の花序である。緑色から白く変色して咲く。見頃は四月下旬から五月初旬、ゴールデンウィーク中である。ちょうどツツジ(躑躅)やフジ(藤)も花の盛りを迎えているため、オオデマリの花は脇役の扱いになることが多い。

オオデマリ 横須賀しょうぶ園 2016/04/27

#オオデマリ 横須賀しょうぶ園 2016/04/27

花の雰囲気がなんとなく似ているコデマリ(小手毬)もセットで覚えておきたいが、オオデマリやヤブデマリとは異なるまったくの別種である。


横浜市戸塚区・#俣野園

#明月院、#長谷寺

#横須賀しょうぶ園(やや早い)、#報国寺(有料エリア)、#浄光明寺、#海蔵寺、#円覚寺、#光則寺、#大船フラワーセンター

#箱根湿性花園(5月下旬~6月 ケナシヤブデマリ)

フォローする