ネムノキ

合歓木 マメ目/マメ科/ネムノキ属 花期/6月

自生種

ネムノキ 茅ヶ崎市中島・小出川沿い 2018/06/07

ネムノキ 茅ヶ崎市中島・小出川沿い 2018/06/07

落葉高木で雌雄同株(しゆうどうしゅ)。赤みを帯びたブラシ状の花が特徴的。神奈川県内にもふつうに自生しているらしい。湘南・鎌倉・三浦半島で人目に付くのは公園に植栽されたものくらい。

ネムノキ 横須賀市・光の丘水辺公園 2017/06/24

ネムノキ 横須賀市・光の丘水辺公園 2017/06/24

ネムノキ 横須賀市・くりはま花の国 2017/07/07

ネムノキ 横須賀市・くりはま花の国 2017/07/07

ネムノキ 鎌倉市・cafe-meshi PoocH 2017/06/14

ネムノキ 鎌倉市・cafe-meshi PoocH 2017/06/14

ネムノキの葉 横須賀美術館 2017/06/16

ネムノキの葉 横須賀美術館 2017/06/16

ネムノキの葉 茅ヶ崎市西久保 2018/08/10

ネムノキの葉 茅ヶ崎市西久保 2018/08/10

ネムノキの葉 茅ヶ崎市西久保 2018/08/10

ネムノキの葉 茅ヶ崎市西久保 2018/08/10

ネムノキの葉柄 茅ヶ崎市西久保 2018/08/10

ネムノキの葉柄 茅ヶ崎市西久保 2018/08/10

ネムノキの葉 茅ヶ崎市西久保 2018/08/10

ネムノキの葉 茅ヶ崎市西久保 2018/08/10

ネムノキという名は、同じマメ科のフサアカシア(房アカシア)同様に、日が暮れると葉が閉じて眠ったように見えるため。

曇天の夕方なため閉じているネムノキの葉 横須賀市・光の丘水辺公園 2017/06/06

曇天の夕方なため閉じているネムノキの葉 横須賀市・光の丘水辺公園 2017/06/06

ネムノキの実生

種子が発芽して生えてきた若い株を実生(みしょう)という。ネムノキの実生はクサネム(草合歓)やカワラケツメイ(河原決明)の仲間と姿が似ていてじつに紛らわしい。


ネムノキの実生

ネムノキの実生の葉 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/08/02

公園や丘陵地の林内に生えている。周辺に親のネムノキがある。

茎(幹)が木質化する。

ネムノキの実生の木質化しかけている茎 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/08/02

葉柄が長い。

小葉の先端が尖っている。

小葉の葉脈が極端に偏った位置にある(下の写真白線)。

ネムノキの実生の葉の葉脈(白色線) 横浜市栄区・横浜自然観察の森 2018/08/02


カワラケツメイ

河原などに生えている。

草。

茎に毛が多い。

葉柄(ようへい)の付け根部分に黒色のぽっち(蜜腺)が一つある(下の写真白色矢印)。

カワラケツメイ 平塚市・馬入水辺の楽校 2018/07/26

小葉の先端が尖っている。


クサネム

クサネム 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

田んぼ周辺などの湿地に生えている。

草。

小葉の先端が丸っこい。

クサネムの葉 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

ネムノキの花

よおく目を凝らして見たとてよくわからないが、にょくにょき飛び出ているのは雄蕊のみならず少ないながら雌蕊もある模様。ブラシノキ(ブラシの木)と同じで、蕊はちくちく痛くなく非常に柔らかいもの。

ネムノキ 茅ヶ崎市中島・小出川沿い 2018/06/07

ネムノキ 茅ヶ崎市中島・小出川沿い 2018/06/07

白花だったらオオバネムノキ(大葉合歓木)の可能性。


横浜市金沢区・金沢自然公園(みずの谷)、横浜市栄区・横浜自然観察の森(畑に実生、タンポポの道3番階段脇に実生、アキアカネの丘(下)外れに実生)

横須賀美術館(谷内六郎館の観音崎側の庭)、光の丘水辺公園、東慶寺

くりはま花の国、明月院、明月院通り、茅ヶ崎市中島・小出川沿い(竜泉寺の湯の東方)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする