ネビキミヤコグサ

おわび


本頁の掲載内容には強い疑義が抱かれており、抜本的に再検討することが求められています。

根引都草 マメ目/マメ科/ミヤコグサ属 花期/5月?~9月中旬 
学名/Lotus pedunculatus Cav.

外来種駆除稀少

輪生するように咲くネビキミヤコグサ(七花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

輪生するように咲くネビキミヤコグサ(七花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

ヨーロッパを原産とする、水辺に近いところにある草地に好んで生えると思われる多年草。ミヤコグサの仲間の新手の外来帰化雑草で、名は、地下に長い走出枝(そうしゅつし)を伸ばすことに因むだろう。40%くらいの値引きをしてくれている様子はない。はじめ直立して生え、茎が長く伸びると倒れて匍匐(ほふく)するように変わると思われる。ただしネビキミヤコグサは他の雑草(例えば、咲き終わったオオキンケイギク(大金鶏菊)や、茎を伸ばしている途上のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)など)と競合する草地に生えるため、ミヤコグサのように地べたに張り付くことにはこだわらず、他の雑草に負けじと積極的に上へ上へと立ち上がった姿となる。周囲の草が背高でネビキミヤコグサも良く成長できる環境であったなら、草丈は人の腰の高さを超えて80cm近くになることも。横への広がりは走出枝が担っているだろう。走出枝を伸ばした先々で発芽するようなので、草地に群生して広がってゆく。英名ビッグ・トリフォイル(Big trefoil、大きな三枚葉)。ミヤコグサより全体的な姿も葉も大きくなるからだろう。先にアメリカ合衆国に帰化したようで、神奈川県内へは相模原市中央区・相模総合補給廠(しょう=工場等の施設)や大和市/綾瀬市・厚木海軍飛行場(通称厚木基地)といった米軍施設から漏れ出てきているものと推察される。今のところはまだ湘南・鎌倉・三浦半島で見かける機会はほとんどないのでは。

直立して生える若いネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

直立して生える若いネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ(左側の突き出たネギ坊主群はオオキンケイギクの実) 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ(左側の突き出たネギ坊主群はオオキンケイギクの実) 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

草地に生えたネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

葉はミヤコグサとほぼ同様であるが、特に茎上部では”やや細い”と感じる葉が多い。花序直下に三出する総苞はミヤコグサより格段に細い。従って、葉だけに着目していると”葉が細い”ことが最大の特徴であるワタリミヤコグサ(渡都草)と混同する。

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの葉 藤沢市・引地川 2020/06/20

茎は中空(ちゅうくう、中心部が空洞になっている)。他の近似種はいずれも中実(ちゅうじつ)とされるので、ネビキミヤコグサを特徴づける大きな要素である、はずなのだが、ミヤコグサの茎でさえ中空なものがなくもなかったり、ネビキミヤコグサの茎が中実であったりすることも実際のところはなくもないので、同定の決め手には意外と使えない。

地下に走出枝あり、というが、引っこ抜こうにも茎がぶちっと切れてしまって確認できないだろう。

ネビキミヤコグサの花

ミヤコグサ(ふつう二個)よりも、一つの花序に付く小花の数が格段に多いことにぱっと見で気づくだろう。一つの花序に小花はおよそ六個程度が輪生するように咲く。一個しか付いてなかったりするものもあるが、およそ五個から七個あるのがふつう。最多で十個を超えてくるらしいので、ミヤコグサの仲間にしてはかなり花数豊かである。セイヨウミヤコグサ(西洋都草)も花数は多めながら、全体的な姿は地面を這うミヤコグサ型でなければいけない。なお花はすべて黄色であること。一部の蕾が部分的に赤色を帯びることがないでもないが、咲いている花は基本的に(ごく希に現れる例外を除いて)全部明るい黄色である。一部の小花(の全体)が赤みを帯びているのがふつうにちらほら散見されるようならワタリミヤコグサ。

ネビキミヤコグサの蕾 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの蕾 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの蕾 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの蕾 藤沢市・引地川 2020/06/20

蕾の先端部が赤みを帯びるものはふつうにあれど、開花している花の一部が赤っぽいものは(基本的には”まず無い”ものと考えて良いくらい)かなり希有である。

ネビキミヤコグサの赤みを帯びた蕾と旗弁裏側(表は黄色) 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの赤みを帯びた蕾と旗弁裏側(表は黄色) 藤沢市・引地川 2020/06/20

競合する雑草に負けじと立ち上がるネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

競合する雑草に負けじと立ち上がるネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサ(六花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサ(六花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサ(六花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサ(六花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

輪生するように咲くネビキミヤコグサ(七花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

輪生するように咲くネビキミヤコグサ(七花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサ(七花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサ(七花) 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

萼は有毛。萼片細く、萼片と萼筒はほぼ同長。萼片の先端がすこし開出するような話があるが、よくわからない。

ネビキミヤコグサの萼 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの萼 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの萼 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの萼 藤沢市・引地川 2020/06/20

花序柄(かじょへい)はミヤコグサより明らかに長い。細くて長くて、花は上を向こうとする性質があるため、花序柄はひょろっとへにょっとひん曲がってちょっとだらしない姿に見えてしまう。

ネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサ 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの長くてひん曲がる花序柄 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの長くてひん曲がる花序柄 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの長くてひん曲がる花序柄 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの長くてひん曲がる花序柄 藤沢市・引地川 2020/06/20

生育状況によっては茎もまたくねっと曲がると思われる。他の草(あるいは自分自身)をかいくぐって太陽光の当たる上へ上へと茎を伸ばしてゆくためだろう。

ネビキミヤコグサの実

ネビキミヤコグサの若い実 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの若い実 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの若い実 藤沢市・引地川 2020/06/20

ネビキミヤコグサの若い実 藤沢市・引地川 2020/06/20

参考資料

『神奈川県植物誌2018』(電子版を含む) 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県植物誌調査会発行(2018)

『日本帰化植物写真図鑑』 清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七編・著 全国農村教育協会発行(2001)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ミヤコグサ

『ネビキミヤコグサ』へのコメント

  1. 投稿日:2020/06/25(木) 18:42:19 ID:875e0d61c 返信

    ミヤコグサや、セイヨウミヤコグサは聞いたことがありますが、ネビキミヤコグサは初めてです。
    花が輪生で、茎葉が細長いように感じました。

    • mirusiru.jp 投稿日:2020/06/25(木) 20:56:22 ID:dda168b1a 返信

      楽さん、こんばんは。

      セイヨウミヤコグサがあるとの情報を得て訪れたのですが、生えていたのはこの子でした。
      外国語サイトでさえセイヨウミヤコグサやワタリミヤコグサ(など)と混同している有様なので、”これはネビキミヤコグサなるぞ”と断定して掲載してしまった以上、セイヨウミヤコグサとは、ワタリミヤコグサとは何じゃいなということを詳らかにせねばならなくなりました。今年もアジサイを見ることなくしてこれらを探しに相模原やら多摩の方面を徘徊してこようと思っております。