キンミズヒキ

金水引 バラ目/バラ科/キンミズヒキ属 花期/7月下旬~10月

自生種保護

キンミズヒキ 鎌倉広町緑地 2019/07/21

キンミズヒキ 鎌倉広町緑地 2019/07/21

日当たりの良い草地に生える多年草。茎を直立させて背高に育つので、草藪の中から生え出てくる。草丈は環境によるが人の膝(ひざ)下から腰くらい。名は、花が黄色く、(タデ科の)ミズヒキ(水引)に雰囲気が似た植物、の意だろう。ミズヒキと花期はだいたい同じ。湘南・鎌倉・三浦半島では自然が良く残されている丘陵地周辺ではしばしば見かける普通種。市街地などにはない。夏場は特に機械を使って無選別な刈払いをしてしまう人がままあるが、そういうことをしてしまうとキンミズヒキのような他の雑草に紛れて生えてくる野草が失われてゆくことに繋がってしまう。

キンミズヒキ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

キンミズヒキ 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

キンミズヒキ 鎌倉広町緑地 2017/08/24

キンミズヒキ 鎌倉広町緑地 2017/08/24

キンミズヒキ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

キンミズヒキ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

キンミズヒキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

キンミズヒキの葉 茅ヶ崎市・清水谷 2017/08/27

キンミズヒキの葉 鎌倉広町緑地 2017/08/24

キンミズヒキの葉 鎌倉広町緑地 2017/08/24

ギンミズヒキ(銀水引)はミズヒキの花に赤色が入らない白花種のこと。

キンミズヒキの花

茎の上部に直立するかやや傾く花穂(かすい)を付け、黄色い花を咲かせる。さほど大きな花ではないが明るい黄色なのでよく目立つ。花序の形状はヌマトラノオ(沼虎の尾)に近いためその黄花としてキントラノオ(金虎の尾)とうっかり呼びたくなってしまうが、キントラノオはまったくの別種である。

キンミズヒキ 鎌倉広町緑地 2019/07/21

キンミズヒキ 鎌倉広町緑地 2019/07/21

キンミズヒキ 鎌倉市・光則寺 2019/08/27

#キンミズヒキ 鎌倉市・光則寺 2019/08/27

花弁はある程度幅広な傾向があり、雄蕊は十本程度(十五本以下)。

キンミズヒキ 鎌倉広町緑地 2017/08/24

キンミズヒキ 鎌倉広町緑地 2017/08/24

林の奥のやや暗い渓流沿いなどに好んで生え、全体的に育ちの悪いキンイズヒキのようで花弁が細めだったらヒメキンミズヒキ(姫金水引)である疑い。雄蕊の本数は少なめで八本以下。茎に生える毛も少なめ。葉はやや丸っこい。とはいえキンミズヒキも個体差大きいため、非常に紛らわしい。キンミズヒキの雄蕊の葯(やく)はやや色濃いめ、ヒメキンミズヒキの葯は花弁と同色で目立たない、という違いがあるように感じているが要検討。
雄蕊の本数が多過ぎるものはチョウセンキンミズヒキ(朝鮮金水引、名前が紛らわしいが在来種)やハコネキンミズヒキ(箱根金水引)である可能性も一応検討を。後ろの二種は神奈川県内では山地に限って自生がある模様。花の様子、雄蕊の本数、葉の生え方、葉の枚数や形状、苞葉(ほうよう)などを細かに確認したい。

キンミズヒキの実

茶筅(ちゃせん)のような形状で、ひっつき虫になる。実はまだ緑色で熟していないようだから大丈夫だろうと思いきや、靴下などにいつの間にか引っ付いている。しつっこく絡まって取り除きづらいなどの面倒はなし。

キンミズヒキの若い実 鎌倉市・光則寺 2019/08/27

#キンミズヒキの若い実 鎌倉市・光則寺 2019/08/27


横浜市戸塚区・舞岡公園(多い)

#光則寺、鎌倉広町緑地、高麗山公園

フォローする