カラタネオガタマ

唐種招霊 モクレン目/モクレン科/オガタマノキ属 花期/5月 結実期/8月~10月

外来種改良種

カラタネオガタマ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/05/05

#カラタネオガタマ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/05/05

中国原産の常緑の小高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。庭木に用いられており、実際に見かけるのは樹高2m少々の低木が多い。別名トウオガタマ(唐招霊)。鎌倉の社寺境内によく植えられているので、観光の際に見かけることもあるだろう。

カラタネオガタマの枝葉 逗子市・蘆花記念公園旧脇村邸 2019/01/24

#カラタネオガタマの枝葉 逗子市・蘆花記念公園旧脇村邸 2019/01/24

近似の日本在来種にオガタマノキ(招霊木)あり。カラタネオガタマとは、中国原産種のオガタマノキ、の意。オガタマノキは稀に神社に植樹されているものの見かけるのは稀で、湘南・鎌倉・三浦半島で栽培されているだいたいはカラタネオガタマの方。樹名板に「オガタマノキ」「オガタマ」などと記載されているものであってもその正体はカラタネオガタマであることも。

カラタネオガタマの花

ホオノキ(朴の木)をワンコインサイズにしたような形状の、かわいらしい花を咲かせる。またその花は熟したバナナ(甘蕉)の実のような芳香があることで有名。鼻を近づけて嗅ぐまでもなく周囲3mくらいの範囲をふわっと甘い香りで包み込むため、その匂いで”カラタネオガタマの花が近くで咲いている”ことに気づかされることがよくあるだろう。なお完全に開いた花よりも、蕾がふわっとほころんで開き始めたくらいの花の方が強く良好な香りを備えている。花色はふつう淡い黄色。園芸品種がいろいろ生み出されているようで、花が赤みを帯びるものなども。

カラタネオガタマの蕾 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

#カラタネオガタマの蕾 横浜市南区・こども植物園 2017/04/28

カラタネオガタマ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/05/05

#カラタネオガタマ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/05/05

カラタネオガタマ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/05/05

#カラタネオガタマ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/05/05

カラタネオガタマの実

ふつう実はできない。


#覚園寺(山門脇、バラなど植える民家も多く5月上旬谷戸全体が甘く香る)、#光則寺、#極楽寺(朱印所前 ※撮影禁止)

#蘆花記念公園旧脇村邸、#大巧寺(リキュウバイと本堂の間)、#本覚寺(公衆トイレ向かい)、#建長寺(唐門横半僧坊道)、#長谷寺(駐車場生垣に「オガタマ」として若木)、#収玄寺(「オガタマ」として)、鎌倉市腰越・#本龍寺

フォローする