オガタマノキ

招霊木 モクレン目/モクレン科/オガタマノキ属 花期/2月下旬~3月中旬
学名/Magnolia compressa Maxim.

稀少

オガタマノキ 藤沢市・藤沢本町 2016/02/19

#オガタマノキ 藤沢市・藤沢本町 2016/02/19

日本在来の常緑の高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。トキワコブシ(常磐辛夷)とも。サカキ(榊)と同様に神道(しんとう)で重用されるため神社境内に植えられていることがある。名は、御霊(みたま)を招(お)ぐのに用いられる木、の意という。「レッドスネーク、カモン」ピーヒャララと東京コミックショウがヘビ(蛇)の人形を登場させるのに使っていたのはソプラノリコーダー。神社は神様の御降臨(ごこうりん)を仰ぐのにオガタマノキを使うことがあるとのこと(湘南・鎌倉・三浦半島の神事でオガタマノキを見かけた記憶はないけれど)。巫女が神楽(かぐら)を舞う際に手に持ってシャンシャン鳴らす神楽鈴(かぐらすず)は、元は花が咲いているオガタマノキの枝だったとかいう話もある。サカキの代わりに玉串(たまぐし)として用いる地方もあるとかないとか。神奈川県内に自生なし。

オガタマノキ(白色矢印) 寒川神社 2019/03/05

#オガタマノキ(白色矢印) 寒川神社 2019/03/05

オガタマノキ 寒川神社 2019/03/05

#オガタマノキ 寒川神社 2019/03/05

台風等で傷み枝落としされたオガタマノキ(幹や枝が露出した中央) 鎌倉宮 2019/12/05

台風等で傷み枝落としされた#オガタマノキ(幹や枝が露出した中央) 鎌倉宮 2019/12/05

オガタマノキ(中央) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2020/02/27

#オガタマノキ(中央) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2020/02/27

オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

#オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

#オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

オガタマノキの葉 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2020/02/27

#オガタマノキの葉 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2020/02/27

下から見上げたオガタマノキの葉 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2020/02/27

下から見上げた#オガタマノキの葉 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2020/02/27

オガタマノキの葉 寒川神社 2019/03/05

#オガタマノキの葉 寒川神社 2019/03/05

オガタマノキの花

花はコブシ(辛夷)に近い純白色の美しいものだが小振り。高木の高所に花をつけることが多くしかも上向きに咲くため花見には難。比較的低所の花咲く2月下旬の花期始めが観賞の狙い目。

オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

#オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

#オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

#オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

#オガタマノキ 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2019/03/06

中国原産のカラタネオガタマ(唐種招霊)(花期は5月)とは異なり、バナナのような芳香は特にない。カラタネオガタマにオガタマの樹名板が付けられていること多いので注意したい。


東京都文京区・#小石川植物園(B8、高木すぎて観察にならない)

#鎌倉宮(花は高所過ぎて肉眼ではほぼ見えない、市指定天然記念物、かまくらと三浦半島の古木・名木50選、平成(-2019)末期に傷んだ)、藤沢市藤沢二丁目・#白旗神社(鳥居東側の背高な一本木)、#藤沢本町・国道467号線(「白旗」交差点南方北側の街路樹で葉を付けているもの ※平成25年(2013)枝下ろし、※南側はモチノキ)、#寒川神社(鳥居くぐってすぐ左・敬宮(としのみや)愛子内親王殿下御生誕奉祝記念植樹の札あり)

長谷寺(なし、駐輪場生垣に「オガタマ」の表示あるのはカラタネオガタマ)、収玄寺(なし、「オガタマ」とあるのはカラタネオガタマ)、#氷室椿庭園(身体障害者用駐車場東側、蕊部を露出しない)、平塚市・#総合公園(香りの森に大樹)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

カラタネオガタマ 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/05/05カラタネオガタマ

コブシ 大井町・ブルックスホールディングス大井事業所 2016/03/12コブシ