ヒルガオ

昼顔 ナス目/ヒルガオ科/ヒルガオ属 花期/7月~8月

自生種

ヒルガオ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13

ヒルガオ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13

草地をはじめどこにでも生えうる蔓性の多年草。アサガオ(朝顔)同様早朝に花開くようだが朝のうちにしぼんでしまわず日中にも花を見ることができる。普通種という話だが、湘南・鎌倉・三浦半島で見かける機会は意外と少ない。その辺にたくさん生えているのは近似種のコヒルガオ(小昼顔)

ヒルガオ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13

ヒルガオ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13

葉は、先端近くで急に細くなる傾向。コヒルガオは全体的に先細ってゆく傾向。ヒルガオは耳のせり出しが小さいように見えるが、立体的に前方にせり出しているため。あくまでも傾向で、形状は様々。

ヒルガオの葉の特徴 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13

ヒルガオの葉の特徴 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13

海辺で砂浜などに貼り付くように生えているのはハマヒルガオ(浜昼顔)

ヒルガオの花

コヒルガオより花径が一回り大きめ。なのだが、すぐ横に並んで咲いていない限りあまり違いは意識できないかもしれない。確かに大きさに違いはあるのだが。花色は薄ピンク。コヒルガオより色濃い。

ヒルガオ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13

ヒルガオ 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13

大きめ、色濃いめ、の他に、萼を包むように付いている苞(ほう)の先端が尖らず丸みを帯びている、苞すぐ下の花柄(かへい)に”ひだ”がない、というコヒルガオとの相違点あり。

ヒルガオの花の特徴 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13

ヒルガオの花の特徴 茅ヶ崎市西久保・小出川 2018/07/13


茅ヶ崎市西久保・小出川(萩園橋北側左岸、局地的に群生するので茅ケ崎養護学校からの栽培逸出の可能性、土手なので夏に刈払われてしまう)、湘南平(公衆トイレ付近の植え込みに絡まって)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする