ヒメユズリハ

姫譲葉、姫楪 ユキノシタ目/ユズリハ科/ユズリハ属 花期/5月下旬~6月上旬 結実期/10月~1月

有毒自生種

ヒメユズリハ 横須賀市・観音崎公園 2017/12/05

ヒメユズリハ 横須賀市・観音崎公園 2017/12/05

沿岸部の林にトベラ(扉)などと一緒に自生する常緑の高木で、雌雄異株(しゆういしゅ)。葉がユズリハに比べて小さめ。湘南エリアでは国道134号線沿いの砂防林に植樹されている。ユズリハよりも見かける機会は多いだろう。

ヒメユズリハの若葉 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/05/30

ヒメユズリハの若葉 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/05/30

ヒメユズリハの葉 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/11/21

ヒメユズリハの葉 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/11/21

ユズリハの葉は葉先の方が最も幅広で、ヒメユズリハは葉の基部に近い方が最も幅広になる傾向あり。ユズリハの支脈は間隔が狭くて規則的で数多く、ヒメユズリハの支脈は間隔がやや不規則で数は少なめ。

#ユズリハと#ヒメユズリハの葉の特徴の違い

#ユズリハと#ヒメユズリハの葉の特徴の違い

光にかざすと、ヒメユズリハの葉は網状脈(もうじょうみゃく)と呼ばれる細かい葉脈が白く透けて見える。

光にかざしたときの、ユズリハとヒメユズリハの葉脈の見え方の違い

光にかざしたときの、#ユズリハと#ヒメユズリハの葉脈の見え方の違い

自然界ではたくさん生えているシロダモ(白梻)などの葉に紛れてあまり目立たないかもしれない。

ヒメユズリハと紛らわしいトベラの葉 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/05/30

参考)ヒメユズリハと紛らわしい#トベラの葉 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/05/30

ヒメユズリハの花

ヒメユズリハの雄花 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/05/30

#ヒメユズリハの雄花 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/05/30

ヒメユズリハの実

秋に、緑色から紫を経て黒っぽく熟す。個体差あるも、色が変わってくる時期は概してユズリハより早い。果序は下垂しない。

ヒメユズリハの若い実 藤沢市辻堂西海岸・国道134号線・辻堂海岸歩道橋 2018/07/17

#ヒメユズリハの若い実 藤沢市辻堂西海岸・国道134号線・辻堂海岸歩道橋 2018/07/17

ヒメユズリハの若い実 藤沢市辻堂西海岸・国道134号線・辻堂海岸歩道橋 2018/07/17

#ヒメユズリハの若い実 藤沢市辻堂西海岸・国道134号線・辻堂海岸歩道橋 2018/07/17

ヒメユズリハの熟しかけの実 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

#ヒメユズリハの熟しかけの実 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

ヒメユズリハの熟しかけの実 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

#ヒメユズリハの熟しかけの実 藤沢市稲荷・引地川沿い 2018/09/12

ヒメユズリハの実 藤沢市辻堂西海岸・国道134号線・辻堂海岸歩道橋 2018/09/24

#ヒメユズリハの実 藤沢市辻堂西海岸・国道134号線・辻堂海岸歩道橋 2018/09/24

ヒメユズリハの実 藤沢市辻堂西海岸・国道134号線・辻堂海岸歩道橋 2018/09/24

#ヒメユズリハの実 藤沢市辻堂西海岸・国道134号線・辻堂海岸歩道橋 2018/09/24

果序が下垂していたら変種のスルガヒメユズリハ(駿河姫譲葉)。神奈川県内にはあるのだかないのだか。


観音崎公園、天神島臨海自然教育園、江の島、#湘南海岸砂防林(辻堂~平塚)、藤沢市・国道134号線・#辻堂海岸歩道橋、#藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園(果序下垂気味)

参考資料

『神奈川県植物誌2018』(電子版を含む) 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県植物誌調査会発行(2018)

『山溪ハンディ図鑑 14 樹木の葉 実物スキャンで見分ける1100種類』 林将之著 山と溪谷社(2014)

フォローする