ハマゴウ

浜栲 シソ目/シソ科/ハマゴウ属 花期/7月~9月上旬 結実期/10月~12月

薬用自生種保護

ハマゴウ 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

ハマゴウ 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

砂浜を這って広がる海浜植物。一見すると蔓草のようだが、木(落葉低木)。真冬には葉を落とした細い枝がしっかり残り、また春には葉を付ける。湘南・鎌倉で減少種ながら近年は所により保護活動も行われており、その活動地域内では数を盛り返している。三浦半島で普通種。

ハマゴウ 藤沢市辻堂西海岸 2018/07/19

ハマゴウ、中央のオレンジ色部分はアメリカネナシカズラ 藤沢市辻堂西海岸 2018/07/19

アメリカネナシカズラに憑(と)りつかれると、その部分は枯れてしまうことがある。

ハマゴウ 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

ハマゴウ 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

ハマゴウの葉 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

ハマゴウの葉 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

平成29年(2017)10月23日 神奈川県の沿岸地域では、台風21号がもたらした観測史上最高の高潮被害が発生。ハマゴウは砂浜という標高が最も低い場所に生える植物のため、海水と漂着ごみをかぶってかなりの損害が出ている可能性も。枯れず、来年また葉を生やしてくれるかどうか注視したい。

名前が紛らわしいものにハマボウ(浜朴)ハマボウフウ(浜防風)がある。

ハマゴウの花

花色は(少しピンクがかった)紫

ハマゴウ 横須賀市・天神島臨海自然教育園 2017/07/07

ハマゴウ 横須賀市・天神島臨海自然教育園 2017/07/07

ハマゴウ 横須賀市・天神島臨海自然教育園 2017/07/07

ハマゴウ 横須賀市・天神島臨海自然教育園 2017/07/07

ハマゴウ 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

ハマゴウ 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

ハマゴウ 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

ハマゴウ 藤沢市鵠沼海岸 2018/07/17

ハマゴウの実

ハマゴウの実 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/11/21

ハマゴウの実 藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園 2017/11/21


毘沙門海岸(江奈湾~毘沙門湾)、黒崎の鼻(南側砂浜)、藤沢市辻堂西海岸

天神島臨海自然教育園、神奈川県藤沢土木事務所汐見台庁舎海浜自然生態園、寒川神社(ヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)(旧地、平成29年(2017)納札殿側へ移植)隣のイチョウ前の柵に絡ませ、日陰のため開花しない)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする