ニリンソウ

二輪草 キンポウゲ目/キンポウゲ科/イチリンソウ属 花期/4月

危険食用自生種保護

ニリンソウ 厚木市・自然環境保全センター 2018/03/25

#ニリンソウ 厚木市・自然環境保全センター 2018/03/25

やや湿った林床や沢近くなどに生える多年草。よく群生する。春を代表する人気の野草で、知名度も高い。花を二輪咲かせることから二輪草という名前が付けられたようだが、実際は基本的には一輪咲き。その花が咲き終える頃にもう一輪、あるいは更にもう一輪咲く。きれいな花を二輪同時に付けていることは稀である。冬の終わりに出現し夏には地上部が枯れてしまうスプリング・エフェメラル(Spring ephemeral、スプリングは”春”、エフェメラルは”儚いもの”や”短命なもの”の意)の一種である。湘南・鎌倉・三浦半島では、三浦丘陵の谷戸深部などに自生あり。タチツボスミレ(立坪菫)ツクバトリカブト(筑波鳥兜)などと併せてニリンソウが生えていることは、ある程度豊かな自然が残されている指標といえるだろう。

ニリンソウ 横浜市金沢区・称名寺市民の森 2019/03/22

ニリンソウ 横浜市金沢区・称名寺市民の森 2019/03/22

ニリンソウの群生 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/04/14

ニリンソウの群生 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/04/14

ニリンソウの群生 秦野市北矢名 2017/04/06

#ニリンソウの群生 秦野市北矢名 2017/04/06

ニリンソウの若葉は食用にできる。ただし葉の形は猛毒のトリカブトに酷似し、生息場所も同じなためニリンソウの群生の中にトリカブトが一本混じっているなんていう混生もありえる話。いやむしろ、ニリンソウだと思って摘んだ葉すべてがじつはトリカブトだった、というときの方が誤りに気付かず食べてしまうかもしれない。ふつうの人は、命を懸けてまでニリンソウを摘んではいけない。自然保護の観点からも迷惑な野草採取はやめてほしい。湘南・鎌倉・三浦半島に身勝手に摘んで食べても問題ないほどのふんだんな自然はない。

ニリンソウの葉 葉山町・逗子市・森戸川源流 2018/03/18

ニリンソウの葉 葉山町・逗子市・森戸川源流 2018/03/18

ニリンソウの葉 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/03/30

ニリンソウの葉 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/03/30

ニリンソウの花

早いところで3月中旬から開花し、見頃は4月上旬。白色の花弁(のように見えるものはすべて萼片)はふつう五枚。とされるがそうでないものも多々見られる。外側はうっすらピンク色(赤紫色)がかっておりかわいらしい。

咲きかけのニリンソウ 横浜市金沢区・称名寺市民の森 2019/03/22

咲きかけのニリンソウ 横浜市金沢区・称名寺市民の森 2019/03/22

ニリンソウ 大磯町・高麗山公園 2016/04/02

ニリンソウ 大磯町・高麗山公園 2016/04/02

ニリンソウ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/04/14

ニリンソウ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/04/14

ニリンソウ 厚木市・自然環境保全センター 2018/03/25

#ニリンソウ 厚木市・自然環境保全センター 2018/03/25

ニリンソウ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/04/14

ニリンソウ 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/04/14

ニリンソウ 横浜市金沢区・称名寺市民の森 2019/03/22

ニリンソウ 横浜市金沢区・称名寺市民の森 2019/03/22

ニリンソウの二輪咲き 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/04/14

ニリンソウの二輪咲き 鎌倉市・浄智寺谷戸 2017/04/14

夕方になって閉じたニリンソウ 横須賀市・前田川 2018/03/11

夕方になって閉じたニリンソウ 横須賀市・前田川 2018/03/11

ニリンソウが満開を迎えるころ、一回り大きいイチリンソウ(一輪草)がちらほらと開花を始める。サンリンソウ(三輪草)は湘南・鎌倉・三浦半島に自生も栽培もなし。サクラソウ(桜草)の仲間であるクリンソウ(九輪草)もない。ヨンリンソウ(四輪草)、ゴリンソウ(五輪草)、ロクリンソウ(六輪草)、シチリンソウ(七輪草)、ハチリンソウ(八輪草)なる植物はそもそも存在しない。


横浜市金沢区・#金沢自然公園(しだの谷)、横浜市金沢区・称名寺市民の森(金堂裏手の空き地)

大楠山、前田川遊歩道(群生、雨後増水危険、4月上旬)、YRP・光の丘水辺公園(通常非公開の自然再生区域「聖なる池」で4月上旬~中旬「ニリンソウ観察会」あり)、#覚園寺(愛染堂前庭)、#東慶寺、浄智寺谷戸(葛原岡・大仏ハイキングコース入口に群生)、#極楽寺(奥の院=通常非公開、4月8日仏生会のときに)、高麗山公園

フォローする