カラスノゴマ

烏の胡麻 アオイ目/アオイ科/カラスノゴマ属 花期/9月~10月上旬 結実期/10月下旬~11月

自生種稀少保護

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

丘陵地の草地などに生える一年草。道端や農地周辺にもあるとか。名は、カラスはスズメ(雀)というほどは小さくなく人の役立たない植物によく冠されるもので、実か種子がゴマに似ているとされたことによる、だろう。ゴマの仲間ではまったくない。草丈は人の脛(すね)から膝(ひざ)上くらい。茎が細くてひょろっとしている印象。湘南・鎌倉・三浦半島で見かけることは稀。

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

葉は互生。葉柄(ようへい)は茎から上向きに出て、葉身は水平ないしやや下を向く。星状毛が多く生えているため手触りは表裏共にビロード状にふかふかしていてとても気持ち良い。

カラスノゴマの葉 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマの葉 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマの葉 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマの葉 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

似ていて紛らわしい近似種は特になし。同じアオイ科の農作物モロヘイヤが最も近いか。

カラスノゴマの花

明るい(レモン色に近い)黄色の花弁が五枚。大きさは生育具合によって差が大きいが、花径およそ1.5cm前後。葉腋(ようえき)から花柄(かへい)を伸ばして葉に隠れるようにして斜め下を向いて咲くため、人の目線からは花が咲いていることに気づき得ないこともしばしば。花がなければ興味惹かれない雑草感しか醸し出さない。

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

雌蕊が中心に一本、それを囲うように長い仮雄蕊がある。咲き始めは仮雄蕊が閉じて雌蕊の花柱を覆い隠しているのは自家受粉を避けるためか。雄蕊は基部の方に短いのがある。

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマの萼 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマの萼 横須賀市・鷹取山公園 2019/09/17

カラスノゴマ 茅ヶ崎市浜之郷 2019/09/27

#カラスノゴマ 茅ヶ崎市浜之郷 2019/09/27

花期終盤の茎最上部の花は、葉よりも上部で上向きに咲く。

カラスノゴマ 茅ヶ崎市浜之郷 2019/10/06

#カラスノゴマ 茅ヶ崎市浜之郷 2019/10/06

カラスノゴマの実

カラスノゴマの熟しかけている実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/25

カラスノゴマの熟しかけている実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/25

カラスノゴマの熟しかけている実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/25

カラスノゴマの熟しかけている実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/25

カラスノゴマのほぼ熟した実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/25

カラスノゴマのほぼ熟した実 横須賀市・鷹取山公園 2018/10/25


東京都八王子市・長池公園、横浜市泉区・#天王森泉公園、横浜市戸塚区・舞岡公園(9月下旬)、横浜市金沢区・金沢自然公園

横須賀市・鷹取山公園(9月末)

三浦アルプス