ヒトツバタゴ

一つ葉田子 シソ目/モクセイ科/ヒトツバタゴ属 見頃/4月末~5月上旬

環境省レッドリスト2018「絶滅危惧II類(VU)」

ヒトツバタゴ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05

#ヒトツバタゴ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05

日本では東海地方と長崎県・対馬に謎の隔離分布をする落葉高木で、雌雄異株(しゆういしゅ)。朝鮮半島や中国にも分布するようなので対馬はともかくも、なぜ岐阜県などの木曽川流域に自生がみられるか。稀少性故に自生地は天然記念物に指定されている。神奈川県内に分布はないが、栽培されることがある。名は、単葉(たんよう)のタゴに似たものの意。タゴは奇数羽状複葉のトネリコ(梣)の別名。ナンジャモンジャとも。「何じょう(何という)物じゃ?」転じて「なんじゃもんじゃ」(何という木なのかわからない珍しい種類の木)になったとか。ナンジャモンジャと呼ばれる木は他にもホルトノキ(ホルトの木)などがあるので注意が必要。有名な逗子市・神武寺のナンジャモンジャはホルトノキである。

ヒトツバタゴ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05

#ヒトツバタゴ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05

ヒトツバタゴ 鎌倉市・円覚寺松嶺院 2018/04/22

#ヒトツバタゴ 鎌倉市・円覚寺松嶺院 2018/04/22

ヒトツバタゴの花

花はきれいな白色。大きな木の緑の葉の上にこんもりと白い雪が降り積もったような様子になる。

ヒトツバタゴ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05

#ヒトツバタゴ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05

ヒトツバタゴ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05

#ヒトツバタゴ 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/05/05

似たような花ながら蕊(しべ)が目立つようならアオダモ(青梻)の仲間の木かもしれない。


#長谷寺(久米正雄像隣に若木)、#大船フラワーセンター(つつじ・しゃくなげ園、花の築山)、茅ヶ崎市甘沼・#成就院(墓地奥、茅誠司元東京大学総長邸より移植)

#円覚寺(法堂跡)、#円覚寺松嶺院

フォローする