トウバナ

塔花 シソ目/シソ科/トウバナ属 花期/4月下旬~8月

自生種

トウバナ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

トウバナ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

日当たりの良くないやや湿ったハイキングコース沿いなどに生える多年草。小型で背高には立ち上がらず、草丈は人の足首程度。よく群生するするが、花が小さすぎるためあまり目立たないかもしれない。神奈川県内に広く自生あり。とはいえ、雑草扱いできるほどそこかしこにある雑草ではない。

トウバナの群生 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

トウバナの群生 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

トウバナの群生 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

トウバナの群生 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

トウバナ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

トウバナ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

トウバナと姿が酷似した近似種は特になし。名前が紛らわしいものにイヌトウバナ(犬塔花)があるが、全体的に大きく、姿は見間違えるほど似てはいない。花色は白に近い。念のためクルマバナ(車花)でないことも確認。乾燥した市街地にあらば新しい帰化雑草のヤブチョロギ(薮長老喜)である可能性。

トウバナの花

小花はシソ科らしい唇形花(しんけいか)と呼ばれる形状。花径は3mm程度しかなく、肉眼では細部が確認できない極小の花である。花色はよく見ればうっすら薄紅色(薄ピンク)を帯びており、かわいらしい。萼は赤褐色を帯びる傾向あり。成長に伴い偽輪生した花序は間延びし、多層塔を思わせる姿に変わってゆく。

トウバナ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

トウバナ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05


光則寺、龍宝寺(龍寶寺トンネル北側石垣上、目線にあり)、鎌倉中央公園

フォローする