エニシダ

金雀枝、金雀児 マメ目/マメ科/エニシダ属 花期/4月中旬~5月中旬

有毒薬用外来種駆除稀少

生態系被害防止外来種リスト「総合対策外来種」

エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

#エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

園芸栽培されるヨーロッパ原産の落葉低木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。ゴールデンウィークに見頃を迎える黄色いマメ科の花あらば本種であろう。もちろん胞子を飛ばすシダ植物にあらず。オランダ語のヘニスタ(Genista)の名で日本へ入ってきたが訛ってエニスダ、更に転じてエニシダになったのだとか。昔は湘南エリアでよく栽培されていたと聞いたことがあるけれど、今では滅多に見かけない。枝が頑丈なためか、ヨーロッパではエニシダの枝で箒(ほうき)が作られたらしい。従って、魔女がまたがって空を飛ぶ箒もまたエニシダで出来ているという。

エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

#エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

#エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

#エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

エニシダ 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

#エニシダ 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

エニシダ 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

#エニシダ 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

エニシダの三出複葉 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

#エニシダの三出複葉 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

エニシダの稜ある茎 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

#エニシダの稜ある茎 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

全体的により大型ながら紛らわしいものにレダマ(連玉)あり。エニシダは枝に稜(りょう)があり、葉は三出複葉。レダマの枝は稜がないので丸っこくてつるつるしており、葉は単葉。

エニシダの花

蝶形花(ちょうけいか)と呼ばれるマメ科らしい姿の花。枝にまんべんなく付く。成人男性の親指の関節一つ分くらいはあるまずまず大きな花で、見栄え良好。花色は明るめでしっかりと濃い黄色。遠くから眺めてもよく目立つ黄色である。見頃は四月末から五月初旬。

エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

#エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

#エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

#エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

#エニシダ 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

エニシダ 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

#エニシダ 茅ヶ崎市・柳島しおさい公園 2019/05/10

なお近年エニシダの名前で市販されている多くは、近似種のヒメエニシダ(姫金雀枝)である。花は枝先にまとまって穂状に咲く。

エニシダの実

マメ科の植物なので豆ができる。

エニシダの若い実 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05

#エニシダの若い実 鎌倉市・龍宝寺 2019/05/05


#英勝寺、#龍宝寺(参道石段下庫裏側)、#茅ヶ崎館

茅ヶ崎市・#中央公園(南側道路沿いにヒメエニシダ=5月上旬、南東にエニシダ)、#JR茅ヶ崎駅(相模線への分岐周辺の線路内に見える黄花はおそらく本種)、#柳島しおさい公園(少年蹴球場北側)

フォローする