アシタバ

明日葉 セリ目/セリ科/シシウド属 旬/3月~4月 花期/8月~10月 結実期/11月~1月
学名/Angelica keiskei (Miq.) Koidz.

食用薬用自生種稀少保護

春のアシタバの葉 横須賀市・子安の里 2017/02/27

春の#アシタバの葉 横須賀市・子安の里 2017/02/27

海に面した林縁部に生える常緑の多年草。日本固有種。成長すると草丈1m近くにもなる大型な野草である。二十年間手つかずで放置された薄暗い私有の林内で、2m級の栽培放置もの巨大お化けアシタバを見たことがある。神奈川県では主に江の島や三浦半島、真鶴半島に自生があるが、あまりお目にはかかれないか。過去に栽培されていたものの放ったらかしないし逸出が海から離れた里山地域に生えていたり、市民農園等で栽培されることもあるので、(天然ものでなければ)意外と身近なところにある植物である。

アシタバの種子(裏表で線の本数が異なる) 2020/08/09

#アシタバの種子(裏表で線の本数が異なる) 2020/08/09

若いアシタバ 鎌倉市・建長寺回春院 2017/03/05

若い#アシタバ 鎌倉市・建長寺回春院 2017/03/05

葉の若葉は食用に。体に良い健康食品と知られる。(東京都・伊豆諸島の)八丈島の特産品。アシタバという名前は、葉を摘んでも明日にはまたすぐ切り口から新芽が伸びてくる(のではないかと思いたくなるほど生命力が強い)の意とされる。私的には、明日には葉となって開きそうな芽を摘み取って食用にするのがちょうどよいの意、だと思っているがそのような話はどうも耳にしない。

春のアシタバ 横須賀市・子安の里 2017/02/27

春の#アシタバ 横須賀市・子安の里 2017/02/27

若いアシタバ 小田原市根府川 2017/03/03

若いアシタバ 小田原市根府川 2017/03/03

アシタバの若葉 小田原市根府川 2017/03/03

アシタバの若葉 小田原市根府川 2017/03/03

セリ科の植物なので、キアゲハ(黄揚羽)という大型なチョウ(蝶)の幼虫が付くかもしれない。生まれたばかりの頃は黒色、のち黒白、大きくなると黄緑色と黒色のツートンにオレンジ斑が入るという、嫌いな人からしたら鮮やかすぎて気持ち悪いばかりだろう芋虫となる。体側面に「UNITED COLORS OF BENETTON」とでも銘打ってやれば若い子からも人気が出ちゃうかも。お食事中に触ったりするとオレンジ色をしたくさい角(つの、臭角(しゅうかく)という)をにょきっと突き出して戦闘を挑んでくることがある。毒はないようだが、強烈にくさいので要注意(石鹸等で良く手洗いすればにおいはだいたい落ちる)。体はぷにぷに。刺されたり咬まれたりもしないので、人体には無害。ただし、初齢幼虫の頃から大食漢なので、葉の食害はかなりのレベルに及ぶ。終齢までに一匹が葉を丸々一枚食べてしまうくらいに。

アシタバに付いたキアゲハの若い幼虫 茅ヶ崎市浜之郷 2020/07/18

#アシタバに付いたキアゲハの若い幼虫 茅ヶ崎市浜之郷 2020/07/18

アシタバに付いたキアゲハの終齢幼虫 茅ヶ崎市浜之郷 2020/07/17

#アシタバに付いたキアゲハの終齢幼虫 茅ヶ崎市浜之郷 2020/07/17

海辺には同属のハマウド(浜独活)があり、見慣れるまではややこしい。丘陵地や山地にはシシウド(猪独活)も。見慣れるまでは結構混同しがちかも。

アシタバの芽

主に食用にされるのは葉の新芽。完全に開葉してしまう直前に摘み取るとよい。摘み取りは必ず三枚目の葉から行う(二枚の葉は株の成長を維持するための親葉として必ず残す)。

アシタバの摘み取り方 鎌倉市山ノ内 2017/03/05

#アシタバの摘み取り方 鎌倉市山ノ内 2017/03/05

アシタバの芽 小田原市根府川・静岡県熱海市下多賀 2017/03/03

アシタバの芽 小田原市根府川・静岡県熱海市下多賀 2017/03/03

軽く下茹でして灰汁(あく)抜きをし、ごま油で炒めたりして頂くとよい。味には多少の癖があるため好みが分かれそう。食後は、アマチャ(甘茶)を飲んだ後のような不思議な清涼感あり。

アシタバとハマウドの見分け方

アシタバとハマウドの新芽 2017/03/03

アシタバとハマウドの新芽 2017/03/03


アシタバ

アシタバの葉 小田原市根府川 2017/03/03

葉は、”これならばおいしく食べられそうだ”と感じられるほど柔らかく、ふわりとした手触り。縮れない。

アシタバの(赤みを帯びた)茎 小田原市根府川 2017/03/03

茎にストライプ模様は入らない。寒いうちは茎全体が赤みを帯びていることはある。

アシタバの茎の切り口からにじみ出る黄色(レモン色)の液 小田原市根府川 2017/03/03

茎を切断すると、鮮やかな黄色(レモン色)の液体がにじみ出てくる。この黄色が決定的な判別点となる。なお切り取ったときに確認すること。持ち帰ったものを切ってみても黄色い汁は出てこない。


ハマウド

ハマウドの葉 静岡県熱海市下多賀・小山臨海公園 2017/03/03

葉には硬さがあり、どことなくキャベツに通じる、ぱりっと、ごわっとした手触り。葉の縁(ふち)は縮れることが多い。

ハマウドの茎に入った赤紫色のストライプ模様 熱海市下多賀・小山臨海公園 2017/03/03

茎に赤紫色のおしゃれなストライプ模様が入る。アシタバのように茎全体が赤みを帯びることはない。

ハマウドの茎の切り口からにじみ出る白い液 静岡県熱海市下多賀・小山臨海公園 2017/03/03

茎を切断すると、純白色の液体がにじみ出てくる。

アシタバとベーコンのごま油炒め

アシタバとベーコンのごま油炒め

アシタバの花

アシタバ 横須賀市・子安の里 2017/09/05

#アシタバ 横須賀市・子安の里 2017/09/05

アシタバ 横須賀市・荒崎 2017/10/05

アシタバ 横須賀市・荒崎 2017/10/05

アシタバ 横須賀市・荒崎 2017/10/05

アシタバ 横須賀市・荒崎 2017/10/05

アシタバ 横須賀市・荒崎 2017/10/05

アシタバ 横須賀市・荒崎 2017/10/05

アシタバ 横須賀市・荒崎 2017/10/05

アシタバ 横須賀市・荒崎 2017/10/05

花序周辺の茎に大きな鞘(さや)がとても目立つのがアシタバの特徴。この鞘は葉身(ようしん)が退化してなくなり、葉柄が袋状に膨らんだものという。

アシタバ 茅ヶ崎市・藤沢土木事務所汐見台庁舎 2018/09/24

#アシタバ 茅ヶ崎市・藤沢土木事務所汐見台庁舎 2018/09/24

アシタバの袋状の鞘 茅ヶ崎市萩園 2019/10/30

#アシタバの袋状の鞘 茅ヶ崎市萩園 2019/10/30

アシタバの袋状の鞘 茅ヶ崎市萩園 2019/10/30

#アシタバの袋状の鞘 茅ヶ崎市萩園 2019/10/30


猿島、#子安の里(直売所で販売も)

横須賀市西浦賀・燈明堂海岸(不衛生か)、千代ケ崎砲台跡(軍用道の坂道沿い、汚染の恐れ)、鎌倉市西御門・#八雲神社、#建長寺回春院、鎌倉市山ノ内・#八雲神社江の島(植物生える岩場は崖上がほとんどで観賞に向かない)

真鶴町・三ツ石海岸(潮騒遊歩道)

私有地・寺境内などではいずれも地権者の許可ない採取はできない。