ラセイタソウ

羅背板草 バラ目/イラクサ科/カラムシ属 花期/7月中旬~8月

自生種

ラセイタソウ 江の島・西浦 2016/09/12

ラセイタソウ 江の島・西浦 2016/09/12

海辺の岩場などに生える多年草で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。シソ(紫蘇)のようでシソでないイラクサ科の仲間。ラセイタはざらざらした羅紗(らしゃ、毛織物)のこと。海からの暴風を受けるため背丈は低く抑え、地を這うよう繁る。

ラセイタソウ(写真中央やや下) 江の島・西浦 2016/09/12

ラセイタソウ(写真中央やや下) 江の島・西浦 2016/09/12

ハチジョウススキ(八丈芒)やノブドウ(野葡萄)などとも競合するヘビーな場所に好んで生える”ど根性”系植物。岩場の割れ目や、人家周辺ではコンクリートの割れ目などにも生えている。

海に面した崖の割れ目から生えるラセイタソウ 江の島・西浦 2016/09/12

海に面した崖の割れ目から生えるラセイタソウ 江の島・西浦 2016/09/12

葉は対生。葉表の縮れも鋸歯も非常に細かいのが最大の特徴。凹凸を増やすことで葉の強度を補っているか。しんなりした柔らかさはなく、古い葉は造花のようにばりばりに硬い。
鋸歯は細かくて多く片側30個以上というが、肉眼では細かすぎてとてもじゃないが数えられたものではない。逆にいえば、鋸歯が細かすぎて数えられないものがラセイタソウ、ということになる。

ラセイタソウの葉 江の島・西浦 2016/09/12

ラセイタソウの葉 江の島・西浦 2016/09/12

葉裏はマスクメロンのような模様で、細かい毛がたくさん生えている。

ラセイタソウの葉裏 江の島・西浦 2016/09/12

ラセイタソウの葉裏 江の島・西浦 2016/09/12

ヤブマオ(藪苧麻)との交雑種らしきものにハマヤブマオ(浜藪苧麻)がある。

ラセイタソウの花

株上部に見える穂は雌花。雄花は株の下の方の葉腋(ようえき)から伸びる。いずれも葉にやや隠れるように咲く。

雌花の花穂(かすい)は短めで太く、ずんぐりむっくりした印象。

ラセイタソウの雌花 藤沢市・江の島・西浦 2017/08/24

ラセイタソウの雌花 藤沢市・江の島・西浦 2017/08/24


観音崎公園、鎌倉市七里ガ浜・日坂(国道134号線「鎌倉高校前」交差点北、ハマヤブマオも混生)、小動岬、江の島(西浦など)

黒崎の鼻(北の湾側へ下りたところ)

ハマヤブマオ

浜藪苧麻 バラ目/イラクサ科/カラムシ属 花期/8月中旬~9月上旬

自生種

ハマヤブマオの雌花 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

ハマヤブマオの雌花 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

ラセイタソウ(羅背板草)とヤブマオか何かの交雑種と思しきもの。ラセイタソウと違って分布が沿岸地域に限らず、内陸部にもふつうに存在している。岩場や法面(のりめん)の割れ目などにも生えるのは”ど根性”系ラセイタソウの性質をちょっとだけ受け継いでいるのだろう。とはいえラセイタソウほどのマゾっ気はないようで、海に直面した岩場とか過酷すぎる場所では見かけない。

ハマヤブマオ 三浦市・白浜毘沙門天 2017/08/24

ハマヤブマオ 三浦市・白浜毘沙門天 2017/08/24

ハマヤブマオ 鎌倉高校前・日坂沿道 2016/09/28

ハマヤブマオ 鎌倉高校前・日坂沿道 2016/09/28

葉表の見た目はほぼラセイタソウそのもの。ただし鋸歯は明確で、肉眼でも容易に数えることができる程度の大きさ。当然ながらラセイタソウより鋸歯の数は少なめ。葉は硬めだが、ラセイタソウ(の古葉)のようにぱりっぱりになるところまではいかない。

葉片側の鋸歯の数が、20~30個程度ならハマヤブマオ、30個以上(実際は細かすぎて肉眼では数えられたものでないもの)ならラセイタソウ、としておく。

ハマヤブマオの葉 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

ハマヤブマオの葉 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

葉裏はラセイタソウと同じくマスクメロン状。

ハマヤブマオの葉裏 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

ハマヤブマオの葉裏 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

ハマヤブマオの花

株上部に長く突き出る穂は雌花。雄花はない。

ハマヤブマオの雌花 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

ハマヤブマオの雌花 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

ハマヤブマオの雌花 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

ハマヤブマオの雌花 鎌倉高校前・日坂沿道 2017/08/24

ハマヤブマオの雌花 三浦市・白浜毘沙門天 2017/08/24

ハマヤブマオの葉腋に短く付いた雌花 三浦市・白浜毘沙門天 2017/08/24


横須賀市・燈明堂跡、三浦市南下浦町毘沙門・白浜毘沙門天(8月中旬)、円覚寺、稲村ガ崎、鎌倉市七里ガ浜・日坂(国道134号線「鎌倉高校前」交差点北、8月下旬、ラセイタソウも混生)

鎌倉中央公園(山崎口外水路)、藤沢市・翠ヶ丘公園

湯河原町吉浜

参考資料

『神奈川県立博物館研究報告(自然科学) 19号』「神奈川県産ヤブマオ属の検討」 城川四郎著 神奈川県立生命の星・地球博物館(1990)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする