トクサ

砥草、木賊 トクサ目/トクサ科/トクサ属 花期/4月~10月

トクサ(栽培) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/03

トクサ(栽培) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/03

細いタケ(竹)のような姿をした草のようなアレ。シダ植物で、地上茎を伸ばして増殖する。寒冷な地方の山間部の湿地に自生するという。湘南・鎌倉・三浦半島で見かけるのは栽培もののみ。見た目が小さな青竹のようなので和風庭園の風情を醸し出すのに寺境内などに植えられている。

トクサの花(胞子葉)

茎のてっぺんにツクシ(土筆)のような姿の胞子葉を付けて胞子を飛ばす。シダなので花は咲かない。まるで外来種のようにぽつりぽつりと長きに渡って胞子葉を付けてゆく。

トクサの若い胞子葉 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18

トクサの若い胞子葉 横浜市金沢区・金沢自然公園 2017/03/18


横浜市金沢区・金沢自然公園(みずの谷)、横浜市戸塚区・俣野園

円覚寺(妙香池畔)、平塚市・総合公園(日本庭園)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする