トクサ

砥草、木賊 トクサ目/トクサ科/トクサ属 花期/4月~10月

トクサ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/03

#トクサ 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/03

よく園芸栽培されるシダ植物で、本来は湿地などの水辺に生える常緑の多年草。地上茎を伸ばして増殖するため群生しやすい。見た目が小振りな青ダケ(竹)のようなので和風庭園の風情を醸し出すのに好まれ、レストランや公園、寺境内や民家などに植栽されているものをしばしば見かける。湘南・鎌倉・三浦半島に自生なし。神奈川県内にものはいずれも栽培ないしその逸出のようである。

和風な雰囲気作りに植栽されたトクサ 鎌倉市・茶織菴 2019/06/06

和風な雰囲気作りに植栽された#トクサ 鎌倉市・茶織菴 2019/06/06

茎は直立し、草丈は人の膝(ひざ)から腰くらい。ふつう枝は一切出さず、茎一本だけで立っている。硬めで、縦に条(すじ)がたくさん入っておりざらざらした手触り。このざらざらが現代でいうところの紙やすりとして、物を研磨するのに用いられたらしい。

トクサ 鎌倉市・茶織菴 2019/06/06

#トクサ 鎌倉市・茶織菴 2019/06/06

トクサ 鎌倉市・円覚寺龍隠庵 2019/09/01

#トクサ 鎌倉市・円覚寺龍隠庵 2019/09/01

近似種にイヌドクサ(犬砥草)なる雑草あり。全体的な姿はトクサというよりスギナ(杉菜)イヌスギナ(犬杉菜)に似ている。茎はトクサ同様ざらざら感あり。

トクサの花(胞子嚢穂)

茎のてっぺんにツクシ(土筆)のような姿の胞子嚢穂(ほうしのうすい)を付けて胞子を飛ばす。シダなので花は咲かない。夏の前後を含めた長い間、ぽつりぽつりと長きに渡って胞子葉を付けてゆく。

トクサの若い胞子葉 鎌倉市・茶織菴 2019/06/06

#トクサの若い胞子葉 鎌倉市・茶織菴 2019/06/06

トクサの若い胞子葉 鎌倉市・茶織菴 2019/06/06

#トクサの若い胞子葉 鎌倉市・茶織菴 2019/06/06


横浜市金沢区・#金沢自然公園(みずの谷)、横浜市戸塚区・#俣野園

鎌倉市・横大路・#茶織菴、#円覚寺(妙香池畔)、#円覚寺龍隠庵、平塚市・#総合公園(日本庭園)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

イヌドクサの胞子嚢穂 茅ヶ崎市・屋内温水プール 2019/06/23イヌドクサ

ツクシ 藤沢市大庭・引地川流域 2017/01/23スギナ

イヌスギナ 鎌倉中央公園 2017/05/19イヌスギナ

フォローする