イヌスギナ

犬杉菜 トクサ目/トクサ科/トクサ属 花期/5月

自生種

イヌスギナ 鎌倉中央公園 2017/05/19

イヌスギナ 鎌倉中央公園 2017/05/19

日当たりのよい湿地や水田周辺に生えるシダ植物。スギナは栄養茎(緑色で姿がスギの木のよう)と胞子茎(ツクシと呼ばれる)が別個なのに対し、イヌスギナは栄養茎の先端にツクシが生えてくるため食用にならず役に立たなない、という意味で”イヌ”(ネコと違ってネズミを捕らないので役立たず)が冠される。

イヌスギナ 鎌倉中央公園 2017/05/19

イヌスギナ 鎌倉中央公園 2017/05/19

イヌスギナ 鎌倉中央公園 2017/05/19

イヌスギナ 鎌倉中央公園 2017/05/19

乾燥地に生えたイヌスギナ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

乾燥地に生えたイヌスギナ 茅ケ崎里山公園 2017/05/15

乾燥地に生えたイヌスギナ 茅ケ崎里山公園 2017/05/20

乾燥地に生えたイヌスギナ 茅ケ崎里山公園 2017/05/20

スギナのものとは異なり、イヌスギナのツクシは長々と生えてはおらずすぐ枯れる。

乾燥地に生えたイヌスギナの若い胞子嚢穂と終わって枯れたもの 茅ケ崎里山公園 2017/05/20

乾燥地に生えたイヌスギナの若い胞子嚢穂と終わって枯れたもの 茅ケ崎里山公園 2017/05/20

イヌスギナの袴 鎌倉中央公園 2017/05/19

イヌスギナの袴 鎌倉中央公園 2017/05/19

紛らわしいものに、ミズドクサ(水砥草、神奈川県内に自生ないか)、イヌドクサ(犬砥草)がある。両者の茎は中空。対してイヌスギナの中空でなく、茎の断面はルオーテ(車輪形パスタ)のよう。


鎌倉中央公園

茅ケ崎里山公園(パークセンター西側駐車場周辺、造成に伴う外来種か、草刈りされやすい)

参考資料

『ネイチャーガイド 日本の水草』 角野康郎著 文一総合出版発行(2014)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする