ソナレマツムシソウ

磯馴松虫草 マツムシソウ目/スイカズラ科/マツムシソウ属 花期/10月中旬~下旬

自生種稀少保護

環境省レッドリスト2018「絶滅危惧II類(VU)」
(マツムシソウとして)神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧IB類」

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

マツムシ(松虫、ここではスズムシのこと)が鳴く頃に咲くとかいう、高原を好むマツムシソウの海岸型。海に面してそそり立った高い崖上の丘を好むようだ。マツムシソウより背丈が明らかに低く、高さは人の脛(すね)まで。神奈川県内における自生地はかなり危機的な状況。誰でも見て楽しむことができる自生の花はもう数株しかない。花色は薄い紫。

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/10/08

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/10/08

ソナレマツムシソウの葉 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

ソナレマツムシソウの葉 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

ソナレマツムシソウは現在、同様に背丈が低いが山地型であるアシタカマツムシソウ(愛鷹松虫草)と同種とされている。アシタカの名は、箱根の西隣、富士山の南隣に位置する静岡県・愛鷹山(あしたかやま)に因む。

ソナレマツムシソウの花

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/10/08

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2017/10/08

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

ソナレマツムシソウ 三浦市・黒崎の鼻 2016/10/23

似たような花をそこいらの花壇で見かけたら、マツムシソウ属を意味するスカビオサ(Scabiosa)(ないしセイヨウマツムシソウ(西洋松虫草))などと呼ばれている外来種(の園芸種)だろう。


#観音崎自然博物館(有料館内中庭花壇、周辺草地にも植えたが絶えたか)、黒崎の鼻

天神島臨海自然教育園(なし)、長浜海岸(崖上か)

フォローする