ヒペリカム・カリシナム

キントラノオ目/オトギリソウ科/オトギリソウ属 花期/5月末~6月上旬
学名/Hypericum calycinum L.

外来種稀少

ヒペリカム・カリシナム 横浜市戸塚区・舞岡公園 2017/05/29

#ヒペリカム・カリシナム 横浜市戸塚区・舞岡公園 2017/05/29

園芸栽培される、トルコなどを原産とする常緑低木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。セイヨウキンシバイ(西洋金糸梅)、ヒメキンシバイ(姫金糸梅)とも。公園などでよく栽培されているヒペリカム・ヒドコートの近縁種。花姿はビヨウヤナギ(未央柳)にそっくりながら、こんもりとした樹形にならずに地べたを這うもの、といったところ。草丈は人の踝(くるぶし)ちょっと上くらいまで。グラウンドカバーに用いられることがあるようながら、湘南・鎌倉・三浦半島ではその役目はカナリーキヅタが一手に引き受けており、ヒペリカム・カリシナムは滅多に見かけないマイナーな存在といえる。

ヒペリカム・カリシナムの植え込み(花期終わり) 藤沢市・神台公園 2020/06/12

#ヒペリカム・カリシナムの植え込み(花期終わり) 藤沢市・神台公園 2020/06/12

葉は、ほぼ扁平な対生、または立体的な十字対生。どちらも混じる。

ヒペリカム・カリシナムのほぼ扁平な葉 藤沢市・神台公園 2020/06/12

#ヒペリカム・カリシナムのほぼ扁平な葉 藤沢市・神台公園 2020/06/12

ヒペリカム・カリシナムの十字対生する葉 藤沢市・神台公園 2020/06/12

#ヒペリカム・カリシナムの十字対生する葉 藤沢市・神台公園 2020/06/12

ヒペリカム・カリシナムの赤みを帯びる茎表側と葉の基部 藤沢市・神台公園 2020/06/12

#ヒペリカム・カリシナムの赤みを帯びる茎表側と葉の基部 藤沢市・神台公園 2020/06/12

ヒペリカム・カリシナムの赤みを帯びない茎裏側と葉裏 藤沢市・神台公園 2020/06/12

#ヒペリカム・カリシナムの赤みを帯びない茎裏側と葉裏 藤沢市・神台公園 2020/06/12

ヒペリカム・カリシナムの花

花は黄色く、花径は6.5cm程度。雄蕊が豊かでもっしゃもしゃ。ビヨウヤナギの花にたいへんよく似て紛らわしいが、本種の若い葯(やく)は赤みを帯びる(ものがある)のでかろうじて見分けられるだろう。本種は枝先に、ふつう一つ、ときに二つ程度の花を付けるが、ビヨウヤナギは花序柄(かじょへい)を次々に枝分かれさせてその先にいくつもの花を付ける集散花序と呼ばれる形態を取るという明らかな違いあり。雄蕊の色よりも葉序柄が分岐しまくっているか否かを確認すると良い。樹形の違い(ヒペリカム・カリシナムは地面にべったり、ビヨウヤナギはこんもり)もまた顕著である。

ヒペリカム・カリシナムの蕾 横浜市戸塚区・舞岡公園 2017/05/29

#ヒペリカム・カリシナムの蕾 横浜市戸塚区・舞岡公園 2017/05/29

ヒペリカム・カリシナム 横浜市戸塚区・舞岡公園 2017/05/29

#ヒペリカム・カリシナム 横浜市戸塚区・舞岡公園 2017/05/29

花弁の一ヶ所に(観賞するにあたっては不必要と感じられる、缶切りを連想させるような)切れ込みが入る。

ヒペリカム・カリシナム 横浜市戸塚区・舞岡公園 2017/05/29

#ヒペリカム・カリシナム 横浜市戸塚区・舞岡公園 2017/05/29

ヒペリカム・カリシナム 藤沢市・神台公園 2020/06/12

#ヒペリカム・カリシナム 藤沢市・神台公園 2020/06/12

雄蕊が豊かなのはたいへん映えるが、すぐに風雨でとっ散らかって荒れてる感も醸し出てしまう。ヒペリカム・カリシナムのきれいな花を観賞するのはやや難。

ヒペリカム・カリシナムの雄蕊 藤沢市・神台公園 2020/06/12

#ヒペリカム・カリシナムの雄蕊 藤沢市・神台公園 2020/06/12

ヒペリカム・カリシナムの実

ヒペリカム・カリシナムの若い実 藤沢市・神台公園 2020/06/12

#ヒペリカム・カリシナムの若い実 藤沢市・神台公園 2020/06/12


横浜市戸塚区・#舞岡公園(管理詰所)

藤沢市・#神台公園(南西街角広場にヒペリクム・カリキヌムとして、ヒペリカム・ヒドコートも、テラスモール湘南にビヨウヤナギも)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ビヨウヤナギ 鎌倉市・大巧寺 2018/06/03ビヨウヤナギ

キンシバイ 鎌倉市・光則寺 2018/06/03キンシバイ

キンシバイ(ヒペリカム・ヒドコート) 横浜市栄区・上郷・森の家 2017/06/06ヒペリカム・ヒドコート