エゴノキ

斉墩果 ツツジ目/エゴノキ科/エゴノキ属 花期/5月中旬 結実期/9月~10月
学名/Styrax japonica Siebold & Zucc.

有毒自生種改良種

エゴノキ 平塚市・総合公園 2017/05/16

#エゴノキ 平塚市・総合公園 2017/05/16

丘陵地から産地の林内に生える落葉小高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。名は、エゴイズム(自己中心的)の木という意味ではなく、実にえぐみがあることから。神奈川県内ほぼ全域に自生あり。湘南・鎌倉・三浦半島でも多くはないが見かけることはある。白花を多く付け見栄えが良いことから、公園や民家の庭などにもしばしば植栽され、見かける機会は結構多い。枝垂れやピンク花といった園芸品種も。

エゴノキの花

花は同属のハクウンボク(白雲木)のようには花序にならず、単発。下向きに垂れるように咲く。ハクウンボクが終わってからエゴノキが開花。

エゴノキ 平塚市・総合公園 2017/05/16

#エゴノキ 平塚市・総合公園 2017/05/16


横浜市戸塚区・舞岡公園(耕作体験田んぼ沿いに良低木)

#浄妙寺(散策路)、#鎌倉文学館、鎌倉中央公園(田んぼ周辺各所・高木が多い)、#鎌倉広町緑地(管理棟前芝生広場に若木植栽)、平塚市・#総合公園(日本庭園)

#長谷寺(妙智池ナツツバキ対角)、六国見山森林公園(北口から入る)、#大庭城址公園(東口から上りS字階段上など)、新林公園(自然散策路のナツトウダイ地帯東側すぐ反対側)、#テラスモール湘南(北側)、#茅ケ崎里山公園(平成の森)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ハクウンボク