ツルニチニチソウ

蔓日々草 リンドウ目/キョウチクトウ科/ツルニチニチソウ属 花期/(2月下旬~)4月~6月
学名/Vinca major L.

有毒外来種改良種駆除

生態系被害防止外来種リスト「重点対策外来種」

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

ヨーロッパなどを原産とする、常緑の蔓性の多年草または亜低木(幹の根元が木質化するもの)。園芸用には学名のビンカ・マジョール(ビンカ・マヨール)としても流通している。観葉植物として植えても良し、よく茂るので(ややかさばるものの)グラウンドカバーにしても良し、花も大きめでかわいらしいものである。が、住宅地に面した緑地の隅などに逸出し帰化しているものも多く、希少となってしまった他の野草の保護という観点からは外来の迷惑雑草として疎まれるもの以外の何物でもない。鎌倉市とか、大磯町とか、自然が残る丘陵地などに接した地区では絶対に栽培して頂きたくない一品。半日陰のところにトキワツユクサ(常磐露草)などと共に大群生しやすい。他の樹木やフェンスなどに絡まって上に上に伝って伸びることはなく、基本的には地面の上でふさふさと茂るばかり。茎が長く伸びるので、一段高くなっている花壇や塀の上に植えたり、ハンギングにすると、茎が下に垂れて見栄えに優れる。旺盛に茂るので、安易に地植えをすると駆除に困ることに。

葉は対生。光沢あり。自然界に帰化してしまっているのはほとんどすべてがふつうの緑葉のもの。栽培されるのは斑入り(ふいり)の園芸品種が多い。斑入り葉の品種は花付きがあまり良くないものが多く、直射日光や寒風に当てると葉焼け(黄ばむ、茶色く傷む)を起こしやすいので注意が必要。朝だけ直射日光が当たる明るい日陰で栽培すると良い。ただし、日光に当てないと花付きは更に悪化するが。

ツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

ツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

ツルニチニチソウの葉 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウの葉 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

斑入りツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/05/17

斑入り#ツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/05/17

斑入りツルニチニチソウの(やや焼けている)葉 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

斑入り#ツルニチニチソウの(やや焼けている)葉 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

斑入りツルニチニチソウの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

斑入り#ツルニチニチソウの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

斑入りツルニチニチソウの葉裏と葉表 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

斑入り#ツルニチニチソウの葉裏と葉表 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/04/09

切っても切っても弱ることなくよく茂るので、剪定は自由自在に遠慮なくばしばしと行って構わない。ただし、コンパクトにしすぎると花は咲かなくなる。駆除するには、刈払い機で刈り込んでもじきに元に戻るだけなので、丁寧に引き抜くこと。

全体的にそっくりながら、葉も花もちょっと小さいような気がする、というものが栽培されていたら近似種ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)だろう。単にビンカといった場合は、かつてツルニチニチソウ属に分類されていたニチニチソウ(日々草)のことを指す。こちらは蔓性でなく、日当たりの良い花壇で栽培される。

斑入りツルニチニチソウとヒメツルニチニチソウ、どちらも葉焼け中 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

斑入り#ツルニチニチソウと#ヒメツルニチニチソウ、どちらも葉焼け中 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

ツルニチニチソウの花

プロペラ形(扇風機のファン形)で、花色は紫。だらーんと長く伸びた茎ではなく、地面から直立した短い茎にのみ花は付く。栽培ものは春(2月下旬)から咲くが、野外に逸出帰化しているものは初夏(4月)になってから開花する。

ツルニチニチソウ 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウ 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウ 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウ 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウの萼など 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウの萼など 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウのよく見れば毛が生えている萼 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウのよく見れば毛が生えている萼 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

直立した茎に蕾を付けた斑入りツルニチニチソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

直立した茎に蕾を付けた斑入り#ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

斑入りツルニチニチソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

斑入り#ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

斑入りツルニチニチソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

斑入り#ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/06

最盛期の斑入りツルニチニチソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/20

最盛期の斑入り#ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市浜之郷 2021/03/20


鎌倉逗子ハイランド(巡礼古道入口に帰化)、茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社(神池に帰化)、高麗山公園(高来神社裏に帰化)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ヒメツルニチニチソウ

ニチニチソウ