ツルニチニチソウ

蔓日々草 リンドウ目/キョウチクトウ科/ツルニチニチソウ属 花期/4月~6月
学名/Vinca major L.

有毒外来種改良種駆除

生態系被害防止外来種リスト「重点対策外来種」

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

ヨーロッパなどを原産とする、半常緑の蔓性の多年草または亜低木(幹の根元が木質化するもの)。園芸用には学名のビンカ・マジョールとしても流通している。観葉植物として植えても良し、よく茂るので(ややかさばるものの)グラウンドカバーにしても良し、花も大きめでかわいらしいものである。が、住宅地に面した緑地の隅などに逸出し帰化しているものも多く、自然や野草の保護という観点からは外来の迷惑雑草として疎まれるもの以外の何物でもない。半日陰のところにトキワツユクサ(常磐露草)などと共に大群生しやすい。フェンスなどを伝って上に上に伸びることはなく、基本的には地面の上でふさふさと茂るばかり。

葉は対生。光沢あり。斑(ふ)入り品種がよく出回っている。

ツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチリソウの葉 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

ツルニチニチリソウの葉 茅ヶ崎市東海岸南・湘南海岸砂防林しおさいの森 2018/05/01

ツルニチニチソウの葉 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウの葉 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

斑入りツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/05/17

斑入り#ツルニチニチソウの葉 茅ヶ崎市浜之郷 2020/05/17

切っても切っても弱ることなくよく茂るので、剪定は自由自在に遠慮なく行って構わない。ただし、コンパクトにしすぎると花は咲かなくなる。駆除するには、刈払い機で刈り込んでもじきに元に戻るだけなので、丁寧に引き抜くこと。

ツルニチニチソウの花

プロペラ形(扇風機のファン形)で、花色は紫。

ツルニチニチソウ 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウ 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウ 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウ 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウ 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウの萼など 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウの萼など 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/05/15

ツルニチニチソウのよく見れば毛が生えている萼 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

ツルニチニチソウのよく見れば毛が生えている萼 湘南国際村めぐりの森 2017/05/17

全体的に一回り小さいものが栽培されていたらヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)だろう。日当たりの良い花壇で栽培される蔓性でない近似種はニチニチソウ


鎌倉逗子ハイランド(巡礼古道入口に帰化)、茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社(神池に帰化)、高麗山公園(高来神社裏に帰化)

関連記事 – 仲間・似ている・紛らわしい

ニチニチソウ