アオウキクサ

青浮草 オモダカ目/サトイモ科/アオウキクサ属 見頃/6月~8月

自生種

アオウキクサ(小)とウキクサ(大) 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

アオウキクサ(小)とウキクサ(大) 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

田んぼなどに生える水草で一年草。植物体が丸ごと水面に浮かんでいる浮遊植物である。湘南・鎌倉・三浦半島でふつうに見かけるウキクサの仲間は二種あり、葉(のように見える、葉と茎が一緒になった葉状体)が小さい方はアオウキクサ、大きい方はウキクサであろうと思われる。アオウキクサは田んぼに水が張られると土中の種子から発芽して無数に出現する普通種。

田んぼの水面を覆うアオウキクサ(ごく少数ウキクサも混じっている) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/13

田んぼの水面を覆うアオウキクサ(ごく少数ウキクサも混じっている) 茅ヶ崎市浜之郷 2018/08/13

アオウキクサ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

アオウキクサ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

アオウキクサ(小)とウキクサ(少数の大) 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

アオウキクサ(小)とウキクサ(少数の大) 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

葉は、鋸歯のないイヌツゲ(犬黄楊)のような形状で、もっと小さい。葉は表も裏も緑色で、赤みを帯びない。娘葉状体と呼ばれる分身を作り分離し増えてゆく。

アオウキクサ(小)とウキクサ(大) 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

アオウキクサ(小)とウキクサ(大) 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

葉の裏から伸びる根は一本のみ。小さすぎて肉眼ではまったく見えないが、根の基部(葉裏に接合する部分)に翼(よく、張り出し部分)があるのが特徴。これも肉眼では見えないが、根の先端は尖る。翼がなく、先端が尖っていなかったらコウキクサ(小浮草)。葉裏が赤みを帯びていて根が複数本あればヒメウキクサ(姫浮草)の可能性。根は、風や波に煽られてもひっくり返らないための重しの役割も担っている。

アオウキクサの根 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

アオウキクサ(四つに増えた葉状体がくっ付いている状態)の根 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/08/13

アオウキクサの花

アオウキクサは種子で冬を越すため、花を咲かせるらしい。花といっても、葉の脇からちょろっと白色の蕊を出すのみ。雄蕊二個、雌蕊一個の極小の花。身近で見られる花としては日本最小の花かもしれない。なお世界最小の花とされるのは南ヨーロッパ原産で、日本では金魚の餌として流通しているミジンコウキクサ(微塵子浮草)の花という。

参考資料

『ネイチャーガイド 日本の水草』 角野康郎著 文一総合出版発行(2014)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする