ヒナタイノコヅチ

日向猪子槌 ナデシコ目/ヒユ科/イノコヅチ属 花期/9月~10月 結実期/11月~12月

危険薬用自生種

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市萩園・小出川沿い 2018/09/24

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市萩園・小出川沿い 2018/09/24

日向や明るい半日陰の草地、道端などに生えるやや大型な多年草。暗めの日陰に生えていることもある。(広義の)イノコヅチには変種の関係にあるヒナタイノコヅチと暗い日陰に生えるヒカゲイノコヅチ(日陰猪子槌)の二種があり、一般に区別されうるものではないが、細かいことをいえば(狭義の)イノコヅチとはヒカゲイノコヅチを指すべきものらしい。住宅地周辺で目にするものは大方はヒナタイノコヅチの方であろう。湘南・鎌倉・三浦半島で普通種。(広義の)イノコヅチの実は秋に”ひっつき虫”になる。※以下、本頁でイノコヅチといった場合は広義の意味で用い、それぞれを指す場合はヒカゲイノコヅチないしヒナタイノコヅチの名を用いることとする。

ヒナタイノコヅチ 鎌倉中央公園 2016/10/10

ヒナタイノコヅチ 鎌倉中央公園 2016/10/10

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市萩園 2018/09/17

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市萩園 2018/09/17

ヒナタイノコヅチ 藤沢市・新林公園 2016/10/06

ヒナタイノコヅチ 藤沢市・新林公園 2016/10/06

概観は葉がもっこもこによく茂っているものが多い(ヒカゲイノコヅチはやや貧相で徒長気味)。ヒナタイノコヅチの方が全体的にやや毛が多いかなと感じないでもないが、両者を見分ける材料としては弱い(ヒカゲイノコヅチも無毛ではない)。

ヒナタイノコヅチらしい茂み 茅ヶ崎市萩園・小出川沿い 2018/09/24

ヒナタイノコヅチらしい茂み 茅ヶ崎市萩園・小出川沿い 2018/09/24

葉は縁(ふち)が波打つ特徴がある。明るい場所に生えていて葉が波打っているのがヒナタイノコヅチである、と推定するとよい。

ヒナタイノコヅチの葉 茅ヶ崎市萩園・小出川沿い 2018/09/24

ヒナタイノコヅチの葉 茅ヶ崎市萩園・小出川沿い 2018/09/24

神奈川県北部には葉が細身なヤナギイノコヅチ(柳猪子槌)なるものがあるらしい。湘南・鎌倉・三浦半島に分布なし。

ヒナタイノコヅチの花

花序の長さはヒカゲイノコヅチのように異様に長くはならず、逆に少々短めと感じるものが多いか。小花(粒々に見えるもの)は隙間を開けずにびっしりと付く傾向あり。

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市萩園・小出川沿い 2018/09/17

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市萩園・小出川沿い 2018/09/17

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市萩園 2018/09/17

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市萩園 2018/09/17

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市芹沢 2018/09/22

ヒナタイノコヅチ 茅ヶ崎市芹沢 2018/09/22

小苞の基部にある付属体は小さい。ボールペン先の小さなボールくらいの、小さな点にしか見えないものである。肉眼では明確には視認しがたい。

ヒナタイノコヅチの小花と、小苞の小さな付属体 藤沢市・新林公園 2016/10/06

ヒナタイノコヅチの小花と、小苞の小さな付属体 藤沢市・新林公園 2016/10/06

フォローする