バアソブ

婆蕎 キク目/キキョウ科/ツルニンジン属 花期/7月下旬~8月

保護

環境省レッドリスト2019「絶滅危惧II類(VU)」
神奈川県レッドリスト2006「絶滅危惧IA類」

バアソブ 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブ 東京都日野市 2019/08/07

丘陵地や山地の林縁部など明るい草地に生える蔓性の多年草。ツルニンジン(蔓人参)の近似種で小型のもの。ツルニンジンの別名ジイソブ(爺蕎)に対して、小さめなのでバアソブ。花に見られる斑点が婆(ばばあ)のそばかすに見立てられた名前。ツルニンジンに対してヒメツルニンジン(姫蔓人参)と呼ばれることもあるらしい。神奈川県では最北の山地などに分布が細々と確認されている程度で、湘南・鎌倉・三浦半島に自生なし。栽培ものも見かけない。

草地に生えたバアソブ 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

草地に生えたバアソブ 東京都日野市 2019/08/07

草地に生えたバアソブ 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

草地に生えたバアソブ 東京都日野市 2019/08/07

葉は概ね三枚を輪生(葉が出る位置がちょっとずれている偽輪生)。二枚ないし四枚のことも。有毛で、特に葉裏面には毛が多い。細かい毛なので目立たないけれども。

バアソブの葉 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブの葉 東京都日野市 2019/08/07

バアソブの葉 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブの葉 東京都日野市 2019/08/07

バアソブの葉裏に密生する細かい毛 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブの葉裏に密生する細かい毛 東京都日野市 2019/08/07

バアソブの茎(細い蔓の方) 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブの茎(細い蔓の方) 東京都日野市 2019/08/07

バアソブの花

ツルニンジンに比べて、花期が早く、花が小さい。花冠はおよそ長さ2.5cm×幅2.5cmで、成人男性の大きな手の(中指などの)関節一個分くらいの大きさ。ボリューム感あるツルニンジンの立派な花に比べると、小さめでかわいらしい印象を受ける。花はふつう下向きに咲き、咲き終わると上向きに変わって実を結ぶ。

バアソブの蕾 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブの蕾 東京都日野市 2019/08/07

バアソブ 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブ 東京都日野市 2019/08/07

バアソブ 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブ 東京都日野市 2019/08/07

バアソブ 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブ 東京都日野市 2019/08/07

バアソブの花の大きさ 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブの花の大きさ 東京都日野市 2019/08/07

バアソブの花冠内部 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブの花冠内部 東京都日野市 2019/08/07

バアソブの萼 東京都日野市・東光寺緑地 2019/08/07

バアソブの萼 東京都日野市 2019/08/07

バアソブの実

種子はツルニンジンのものとは全く違った姿をしており、光沢ある黒色の粒で翼(よく)がない。


東京都調布市・#神代植物公園、東京都小平市・#東京都薬用植物園(温室裏に鉢植え)、東京都日野市、東京都八王子市・高尾山

相模原市・陣馬山

フォローする

『バアソブ』へのコメント

  1. 小木曽 正一 投稿日:2019/08/21(水) 09:01:53 ID:6e6b2e861 返信

    珍しい山野草の写真を有難うございます。時期が遅いかもしれませんが、私も観て写真に収めたいと思います。日野の***の場所は知っています。宜しければバアソブが咲いている詳細な場所を教えて下さい。

    ※(管理人より)場所名は削除しました。

    • mirusiru.jp 投稿日:2019/08/21(水) 13:30:47 ID:163fa56aa 返信

      mirusiru.jpです。
      申し訳ございませんが「宜しくないのでお教えできない」という回答になります。
      一、限度を超えて、産地ないし個体数が少ない。
      一、注目度の高い動植物であり、情報を得た誰かしらから盗まれる可能性が大いに疑われる。
      等の問題を抱えている動植物に関しては産地を(既にインターネット上に多くのあるいは詳細な情報が存在している場合を除いて)意図的に明示しておりません。小木曽さんがどうなのかは存じませんけれども、情報を得てシャベルを持って出かける人が必ず現れるでしょう。残念な話ですが、それが産地で実際に起こっている事態です。盗掘されてしまっては私共も悔しいですし、現地で保護活動等をされている方々にも申し訳が立ちません。従って、当サイトでお話しできるのはここまで(掲載しているところまで、メール等で個別にお教えすることもしない)、という線引きをしております。
      ご理解を宜しくお願い申し上げます。

    • mirusiru.jp 投稿日:2019/08/23(金) 21:04:48 ID:ba41462a2 返信

      まぁ、こういったところですよね。
      人にものを尋ねておきながらほったらかしにして二十四時間回答を確認しにさえ来ない。
      人の手間暇を取って回答を貰っておきながら用が済んだらうんともすんとも言わず立ち去る。
      己の写真にしか興味も関心もないのかい、と問いたい。
      そのような人は果たして(本サイトでも、現地でも)歓迎されるでしょうか。