ミノムシ(チャミノガの幼虫)

蓑虫 昆虫/チョウ目/ミノガ科 見頃/12月中旬~2月

在来種稀少保護

チャミノガの幼虫(ミノムシ)、体長1.5~2cm(伸び縮みする) 茅ヶ崎市萩園産 2019/09/10

チャミノガの幼虫(ミノムシ)、体長1.5~2cm(伸び縮みする) 茅ヶ崎市萩園産 2019/09/10

幼虫が蓑(みの)状の巣を作ってその中で生活をするガ(蛾)がいる。こうした性質を持つガの幼虫を総称してミノムシという。一般にミノムシといった場合はオオミノガ(大蓑蛾)とチャミノガ(茶蓑蛾)の二種を指す。このうち、明らかに小振りな方がチャミノガで、蓑は主に小枝で作られている。蓑が木の葉裏などにがっちり固定されて付いているのがチャミノガ、ぶらーんと垂れ下がっているのがオオミノガ、といわれているが、ぶらぶらぶら下がっているチャミノガも(暖かい時季には)ふつうにいる。直ちに移動する必要がなく身を守りたいとき、例えば蛹になる際などにがっちり固着させているのではないか。蓑は長さ約3cm、中身の幼虫は体長2cm近く(人に触られるなどして緊張すると1.5cmくらいに縮む)。

クスノキの葉に固定されたチャミノガの幼虫(ミノムシ、中身あり) 寒川神社 2017/05/15

クスノキの葉に固定されたチャミノガの幼虫(ミノムシ、中身あり) 寒川神社 2017/05/15

クリの葉からぶら下がっているチャミノガの幼虫(ミノムシ、中身あり) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

クリの葉からぶら下がっているチャミノガの幼虫(ミノムシ、中身あり) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

平成(1989-2019)に入ってから”ミノムシが激減している”ことが話題に。オオミノガヤドリバエ(大蓑蛾寄生蠅)なる外来のハエがミノムシに寄生してミノムシを食べてしまっているせいだという。であるならば、絶滅危惧種に指定されるレベルで数を減らしているのはオオミノガのミノムシだけであってチャミノガには関係のない話と思われるが、チャミノガのミノムシも見かける機会がめっきり減っていやしないだろうか。冬場はミノムシを意識的に探している私の視界にはオオミノガのミノムシもチャミノガのミノムシも入ってきやしない。自然豊かといわれる公園でも軽く一巡りした程度では一匹たりとも見つけられない、という方がむしろ当たり前な現状がある。はて、チャミノガのミノムシはいずこへ消えたか。

令和元年(2019)

農地に植えられたクリ(栗)の木に多数のチャミノガの幼虫(ミノムシ)を発見。葉には食痕もあり、すべて中身(幼虫)は生きている模様。

クリの葉に付いたチャミノガの幼虫(ミノムシ、白色矢印) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

クリの葉に付いたチャミノガの幼虫(ミノムシ、白色矢印) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

クリの葉に付いたチャミノガの幼虫(ミノムシ) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

クリの葉に付いたチャミノガの幼虫(ミノムシ) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

クリの葉からぶら下がっているチャミノガの幼虫(ミノムシ) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

クリの葉からぶら下がっているチャミノガの幼虫(ミノムシ) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

クリの葉に固着しているチャミノガの幼虫(ミノムシ)

クリの葉に固着しているチャミノガの幼虫(ミノムシ)

クリの葉に固着しているチャミノガの幼虫(ミノムシ) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

クリの葉に固着しているチャミノガの幼虫(ミノムシ) 茅ヶ崎市萩園 2019/09/09

チャミノガの幼虫(ミノムシ)、体長1.5~2cm(伸び縮みする) 茅ヶ崎市萩園産 2019/09/10

チャミノガの幼虫(ミノムシ)、体長1.5~2cm(伸び縮みする) 茅ヶ崎市萩園産 2019/09/10

幼虫の頭部を覆う兜(かぶと)が破砕されているものがあり、すわ寄生虫にやられているかと思いきや、翌日には蛹(さなぎ)に変わっていた。

チャミノガの蛹 茅ヶ崎市萩園産 2019/09/10

チャミノガの蛹 茅ヶ崎市萩園産 2019/09/10


茅ヶ崎市下寺尾、茅ヶ崎市萩園

フォローする