クロマツ

黒松 マツ目/マツ科/マツ属 花期/4月~5月 結実期/12月
学名/Pinus thunbergii Parl.

自生種保護

クロマツ 鎌倉市・長谷寺 2017/01/25

#クロマツ 鎌倉市・長谷寺 2017/01/25

本来は海辺に自生するとかいう常緑の高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)の雌雄異花。見ての通りの針葉樹。やや女性的な姿でメマツ(雌松)の異名ある近似種アカマツ(赤松)に対して、オマツ(雄松)とも。神奈川県内至る所に生えてはいるが、自生なのか植栽由来のものなのかは区別が付かないのでよくわからない。単にマツといった場合はマツ属に分類される樹木の総称であるが、一般的に植えられ、ふつうに私たちがマツとして認識しているものはおよそクロマツ。姿が渋いので爺にこよなく愛され、盆栽にも。東海道(国道1号線)の松並木はクロマツ、国道134号線沿いの湘南海岸砂防林もクロマツである。名前は幹(樹皮)が黒っぽい色をしていることに因む。幹が黒いのがクロマツ、赤いのがアカマツ、とよくいわれるが、実際のところ一般の人が幹の色をちらっと見ただけで両者を簡単に見分けられるものではない。

クロマツ 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

#クロマツ 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

クロマツ 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

#クロマツ 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

クロマツ 鎌倉市・大巧寺 2018/05/18

#クロマツ 鎌倉市・大巧寺 2018/05/18

クロマツ(横浜市名木古木指定) 横浜市金沢区・龍華寺 2019/04/06

#クロマツ(横浜市名木古木指定) 横浜市金沢区・龍華寺 2019/04/06

日本庭園に植えられたクロマツ 東京都文京区・小石川植物園 2020/01/21

日本庭園に植えられた#クロマツ 東京都文京区・小石川植物園 2020/01/21

クロマツ 東京都調布市・神代植物公園 2020/02/08

#クロマツ 東京都調布市・神代植物公園 2020/02/08

クロマツの高木(毎年樹上でカラスが営巣している) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2020/01/10

#クロマツの高木(毎年樹上でカラスが営巣している) 茅ヶ崎市・氷室椿庭園 2020/01/10

クロマツ 真鶴半島 2017/01/16

クロマツ 真鶴半島 2017/01/16

クロマツ 真鶴半島 2017/01/16

クロマツ 真鶴半島 2017/01/16

クロマツ「お宮の松」 静岡県熱海市 2017/01/16

#クロマツ「お宮の松」 静岡県熱海市 2017/01/16

クロマツとアカマツの最も簡単で明瞭な違いは、冬芽の色と形状。クロマツの芽は白色の糸状なものに包まれている。鱗片(りんぺん)は反り返らず、芽にぴったり貼り付いた状態。アカマツの芽はもっと赤茶けた色をしていて、鱗片は反る。

クロマツの白色の芽 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/01/25

#クロマツの白色の芽 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/01/25

クロマツの白色の芽 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/01/25

#クロマツの白色の芽 茅ヶ崎市・鶴嶺八幡社 2020/01/25

葉は、アカマツよりも長くて硬く、先端に触れるとよく突き刺さってちくっと痛い。ただし、葉の長さは個体差あり、痛い痛くないも感覚的なものではある。

クロマツ 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

#クロマツ 鎌倉市・浄妙寺 2017/02/03

クロマツの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/12/28

#クロマツの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/12/28

クロマツの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/12/28

#クロマツの葉 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/12/28

クロマツの葉 横浜市鶴見区・大黒海づり公園 2016/12/28

#クロマツの葉 横浜市鶴見区・大黒海づり公園 2016/12/28

幹(樹皮)は黒っぽい色をしているのが基本。とはいえ、”赤っぽくないか?”と感じなくもないクロマツはかなり多い。大きく成長したアカマツの幹上部は樹皮が剥がれて赤色を露出するので、そうなっていなければクロマツと判断は付く。

クロマツの赤っぽい幹(樹皮) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/12/28

#クロマツの赤っぽい幹(樹皮) 鎌倉市・大船フラワーセンター 2019/12/28

クロマツの黒っぽい幹(樹皮) 横浜市鶴見区・大黒海づり公園 2016/12/28

#クロマツの黒っぽい幹(樹皮) 横浜市鶴見区・大黒海づり公園 2016/12/28

かつてはどこにでもたくさん植えられていてたいへん身近な木であったため、神奈川県内では、三浦市の木、葉山町の木、藤沢市の木、大磯町の木、小田原市の木、に制定されている。三浦と葉山は臨海地域、藤沢・大磯は東海道沿い、小田原は小田原城址公園にクロマツあるゆえか。見た目が渋すぎて昭和(-1989)臭さを感じる、西洋かぶれこそ正義の時代にあって和風が過ぎる、葉がちくちく刺さってとにかく痛くて不快、落ち葉が風に飛ばされず腐りもしないので掃き掃除が面倒、などの理由だろう、特に女性からは嫌われているに違いない。新築の民家庭に植栽されることはほとんどなくなった。とはいえ、日本庭園には必需品。旧家には今でも多く残っていて、門の上に枝が覆いかぶさるように仕立てた”門かぶりの松”は家の格式を誇示している。

クロマツの花

花穂っぽく見えるのは雄花、赤紫色のツクシ(土筆)の頭のようなものがあったらそれが雌花で成長すれば実ができる。

クロマツの蕾 茅ヶ崎市・ほし潮香公園 2018/04/03

#クロマツの蕾 茅ヶ崎市・ほし潮香公園 2018/04/03

クロマツの若い雌花 茅ヶ崎市・ほし潮香公園 2018/04/03

#クロマツの若い雌花 茅ヶ崎市・ほし潮香公園 2018/04/03

クロマツの若い雄花 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

#クロマツの若い雄花 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

クロマツの雌花と雄花と新梢 茅ヶ崎市柳島・湘南海岸砂防林 2017/04/26

#クロマツの雌花と雄花と新梢 茅ヶ崎市柳島・湘南海岸砂防林 2017/04/26

クロマツの雌花と雄花と新梢 茅ヶ崎市今宿 2018/04/12

#クロマツの雌花と雄花と新梢 茅ヶ崎市今宿 2018/04/12

開花中のクロマツ 茅ヶ崎市柳島・湘南海岸砂防林 2017/04/26

開花中の#クロマツ 茅ヶ崎市柳島・湘南海岸砂防林 2017/04/26

クロマツの雌花 茅ヶ崎市柳島・湘南海岸砂防林 2017/04/26

#クロマツの雌花 茅ヶ崎市柳島・湘南海岸砂防林 2017/04/26

クロマツの雄花 茅ヶ崎市柳島・湘南海岸砂防林 2017/04/26

#クロマツの雄花 茅ヶ崎市柳島・湘南海岸砂防林 2017/04/26

クロマツの実

球果(きゅうか)と呼ばれる種類の実ができる。いわゆる松ぼっくり、松かさ。アカマツと大差ない形状。熟して乾燥すると種鱗(しゅりん)が開き、間に挟まっていた翼(よく)付きの種子が風に飛ばされる仕組み。

クロマツの松ぼっくり(松かさ) 横浜市鶴見区・大黒海づり公園 2016/12/28

#クロマツの松ぼっくり(松かさ) 横浜市鶴見区・大黒海づり公園 2016/12/28

クロマツの松ぼっくり(松かさ) 茅ヶ崎市・ほし潮香公園 2018/04/03

#クロマツの松ぼっくり(松かさ) 茅ヶ崎市・ほし潮香公園 2018/04/03


三浦市・#三崎小学校(校庭にシンボルツリー「五常の松」)、#浄妙寺(本堂前)、#長谷寺(門前)、#大磯プリンスホテル(伐採、町指定天然記念物=解除、かながわの名木100選「国府本郷の諏訪神社の大マツ」)

城ケ島(「水垂の松(みずったれのまつ)」、滅失、かまくらと三浦半島の古木・名木50選「城ケ島のクロマツ」)、#氷室椿庭園、#柳島しおさい公園、平塚市・#扇松、平塚市・#月湘庵

#小田原城址公園(市指定天然記念物「小田原城跡本丸の巨松」)、#真鶴半島(かながわの名木100選「真鶴半島のクロマツ」=枯死伐採、他に巨木多い)、静岡県熱海市・#お宮の松