カリン

榠樝 バラ目/バラ科/カリン属 花期/4月~5月 結実期/10月~12月

食用薬用外来種

カリン 茅ケ崎市東海岸南 2018/04/03

#カリン 茅ケ崎市東海岸南 2018/04/03

中国原産の落葉高木で、雌雄同株(しゆうどうしゅ)。弘法大師空海が中国から持ち帰ったという伝承がある。別名唐梨(からなし)が転じてカリンだろうか。牧野富太郎は木理(もくり、木目)がカリン(花櫚)という別種の木に似ていることが名前の由来らしいと述べている。”咳止めのど飴、カリンエキス配合”のあのカリンで、ナシ(梨)とかリンゴ(林檎)とかの仲間の果物である。果実の成分に喉(のど)の炎症を抑える効果があり、果汁がのど飴に配合されるのはこのため。湘南・鎌倉・三浦半島では民家や寺境内に一本植えられているものを稀に見る程度。”(カネは)借りん”、つまりおカネに困って借金することがないよう願を掛けた縁起物として植えられることもあるとかどうとか。

カゴノキ(鹿子の木)リョウブ(令法)ヒメシャラ(姫沙羅)のように樹皮が剥落して迷彩柄になっているのが特徴。

カリン 鎌倉市西御門 2012/04/21

#カリン 鎌倉市西御門 2012/04/21

葉の縁(ふち)には細かく鋭利な鋸歯がある。

カリンの花

サクラ(桜)が終わったあと、他のバラ科果樹と同様の花が咲く。枝が上へ上へと伸びる高木のため、花は(実も)高所。しかも上向きに咲く。花を間近で目にする機会はあまりないかもしれない。

カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

#カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

#カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

#カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

#カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

#カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

#カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

#カリン 藤沢市・長久保公園 2017/04/17

カリンの実

はじめ緑色で、10月頃から黄色に熟す。表面はぼこぼこで見た目はいびつな洋梨のよう。あまり美しい姿とはいえない。完熟した実の表皮は、糖でもしみ出しているのかべったべた。洋梨のようなたいへんよい甘い香りが強く、実を一つ二つ玄関にでも置いておけば芳香剤いらずだろう。

カリンの実 藤沢市・長久保公園 2018/11/27

#カリンの実 藤沢市・長久保公園 2018/11/27

甘い香りは最高級、これはもうぜったいおいしい果物に違いないと思うのだが、硬く、渋く、すっぱく、残念ながらとても生で食べられる代物ではない。ジューシーさを魔女に奪われた未熟なリンゴ、とでもいおうか。というわけで、ハチミツ(蜂蜜)漬けやカリン酒に加工するのがふつう。風邪で喉を痛めたときのために常備しておくとよい。
しかしまあ、加工してでも食べようと思い立った人がよくもいたものだと思う。それくらいにカリンの実はおいしくない。

カリンの完熟した実 藤沢市 2016/12/21

#カリンの完熟した実 藤沢市 2016/12/21

タイワンリスにかじられたらしいカリンの熟した落果 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/29

タイワンリスにかじられたらしい#カリンの熟した落果 鎌倉市・フラワーセンター大船植物園 2019/01/29


横浜市金沢区・#太寧寺

葉山町・#大昌寺(本堂前)、#極楽寺、#常楽寺(北条泰時墓脇、11月に熟したカリンを文殊堂廻縁で配布することも)、鎌倉市植木・#龍宝寺(旧石井家前駐車場)、#長久保公園

参考資料

『牧野日本植物図鑑』 牧野富太郎著 北隆館発行(1940)

フォローする