アメリカタカサブロウ

アメリカ高三郎 キク目/キク科/タカサブロウ属 花期/7月中旬~10月

外来種駆除

アメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/18

アメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/18

川べりや湿地、田んぼなどに生える南米原産の一年草。タカサブロウと思われていたものの中から発見された帰化植物。タカサブロウと見分けられる決定的な違いは”種子に翼(よく)があるかないか”の一点だけで、他はそっくり。湘南・鎌倉・三浦半島での帰化状況は不明。もしかしたらいまたくさん生えているそのほぼすべてがタカサブロウではなくアメリカタカサブロウなのではないかという強い疑いを抱いているが、どうこう言えるほどのサンプルを得ていない。

田んぼに生えるアメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

田んぼに生えるアメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

田んぼに茂るアメリカタカサブロウ、左上はイネ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/13

田んぼに茂るアメリカタカサブロウ、左上はイネ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/13

鋸歯が尖り気味の葉はアメリカタカサブロウらしい。

アメリカタカサブロウの葉 茅ヶ崎市西久保 2018/08/13

アメリカタカサブロウの葉 茅ヶ崎市西久保 2018/08/13

アメリカタカサブロウの葉 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウの葉 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウの花

きれいな白色が特徴。

アメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

花柄(かへい)が長い印象。ただし9月に入るとにわかに柄が短い花が多産されるため、柄の長さはタカサブロウかアメリカタカサブロウかを見分ける判断材料にはならない。花の大きさも参考にならず、花期終わりの花は小さくなる。株全体の大きさもしかり。田んぼ周辺のものは特に、刈られた抜かれたのあとに再生した株は小振り。

アメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/18

アメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/18

アメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/13

アメリカタカサブロウ 茅ヶ崎市西久保 2018/08/13

田んぼ周辺に生えているものはイネ(稲)刈り前の除草作業で滅失するので、観察は9月中旬までに。

アメリカタカサブロウの実

アメリカタカサブロウの若い実 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/18

アメリカタカサブロウの若い実 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/18

アメリカタカサブロウの若い実 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウの若い実 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウの完熟した実 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウの完熟した実 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウの種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウの種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

種子の左右に翼があるのがタカサブロウ、なければアメリカタカサブロウ。種子は小さく翼の有無は肉眼では確認しづらいので、写真を拡大するかルーペで覗く。大雑把に申せば、肩の部分が丸みを帯びてヒマワリ(向日葵)のタネのような形状だったらタカサブロウ、肩が角張っていて細身だったらアメリカタカサブロウとみてよいだろう。ときにどちらとも言い難い種子も混じっている。

アメリカタカサブロウの翼のない種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウの翼のない種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/13

アメリカタカサブロウの翼のない(肩が角張る)種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/18

アメリカタカサブロウの翼のない(肩が角張る)種子 茅ヶ崎市・湘南タゲリ米の里 2018/07/18


湘南タゲリ米の里

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする